メッシ、ハメス、グリーズマン…コパ・リベルタドーレス決勝観戦にスター選手らが集結

コメント()
Getty Images
さまざまな理由で注目度が増したリーベル対ボカの一戦を観戦しに多くの選手やOBが会場に足を運んだ。

9日の3-1でリーベル・プレートがボカ・ジュニオルスを下したコパ・リベルタドーレス決勝第2戦が行われたレアル・マドリーの本拠地サンティアゴ・ベルナベウにフットボール界のスーパースターらが集結した。

当初、11月24日にリーベルの本拠地で行われる予定だったリーベル対ボカの“スーペルクラシコ”。しかし、リーベルサポーターが暴徒化し、ボカの選手が乗ったバスを襲撃するなどの騒動に発展する。さらに、ボカの主将パブロ・ペレスが目を負傷するなど数名の選手が被害に遭い、この試合は翌25日に延期された。

しかし、相手サポーターの蛮行によって負傷者が出たボカは、この状態で大一番を迎えることは不公平と主張し、さらになる延期を南米サッカー連盟(CONMEBOL)に要求。連盟側もこれを受け入れる形で一旦開催日程は白紙になった。その後、さまざまな議論が巻き起こる中、中立地での開催が提案され、9日にサンティアゴ・ベルナベウで試合が行われた。

さまざまな事情が重なり、混乱を極めた2018年のコパ・リベルタドーレス決勝戦。さらに、史上初のスーペルクラシコによる南米王者を決める一戦ということもあり、多くの注目を集め、サンティアゴ・ベルナベウには現役のフットボール選手やOBらが足を運んだとイギリス『デイリー・メール』が伝えた。

ボックス席からバルセロナのリオネル・メッシやジョルディ・アルバがこの一戦を観戦。さらに、アトレティコ・マドリーのアントワーヌ・グリーズマン、ディエゴ・ゴディン、ディエゴ・シメオネ監督の姿も確認された。また、アーセナルのルーカス・トレイラやチェルシーのエメルソン・パルミエリもイングランドから駆けつけ、この一戦を見守っていた。

その他にも、元アルゼンチン代表のエステバン・カンビアッソ氏やハビエル・サネッティ氏。さらに、インテルのマウロ・イカルディも訪れ、レアル・マドリーからローンでバイエルン・ミュンヘンに移籍中のハメス・ロドリゲスに至っては変わった形でサンティアゴ・ベルナベウ凱旋となった。

一方、レアル・マドリー会長がユヴェントスのクリスティアーノ・ロナウドをこの一戦に招待すると一部で報じられていたが、ポルトガル代表のスターは古巣の本拠地に姿を現さず。代わりにチームメイトのパウロ・ディバラが観戦に訪れ、インスタグラムにその様子を投稿している。

延長戦にまでもつれ込むなど白熱したリーベルとボカの一戦をサポーターだけではなくスター選手たちも大いに楽しんだようだ。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
驚異のシャビ、アジア杯の大会前予想で8強の7カ国を的中。日本代表は決勝進出を予想も…
次の記事:
ベトナム国内の盛り上がりは最高潮…国営TVの日本戦広告料はロシアW杯決勝並みに
次の記事:
「日本のレベルは高いが…」ベトナムメディアが指摘する森保ジャパン3つの弱点
次の記事:
Jリーグ、ルヴァン杯、J1参入POなどの最大14試合でVARの導入が決定
次の記事:
清水に打撃、昨季リーグ戦11得点のドウグラスが不整脈で一時帰国
閉じる