マンチェスター・U、今夏の補強第1号はフレッジか…移籍金64億円で獲得に迫る

最終更新
コメント()
当初はミリンコヴィッチ=サヴィッチの獲得を目指したものの、ブラジル代表MFにターゲットを変更したようだ。

マンチェスター・ユナイテッドがシャフタール・ドネツクのフレッジ獲得に迫っていることが分かった。『スカイスポーツ』などが報じた。

2013年にシャフタール・ドネツクに加入したフレッジは、その後2014年にブラジル代表に初招集。今夏のロシアで行われるワールドカップでも登録メンバー23選手に選出された。そのため、マンチェスター・Uはワールドカップが開幕するまでに同選手との契約を成立させたいようだ。

フレッジは以前からプレミアリーグ行きを希望すると明かしており、今冬にはマンチェスター・シティが同選手獲得に迫っていたものの、移籍期間中に成立せず。そして今夏、同クラブのライバル、マンチェスター・Uが引退したマイケル・キャリックや去就が不透明のマルアン・フェライニの代役として同選手を獲得することが濃厚だ。

当初、マンチェスター・Uはラツィオのセルゲイ・ミリンコヴィッチ=サヴィッチの獲得に乗り出していたものの、ラツィオは移籍金として1億ユーロ(約128億円)を要求。そのため、同クラブはフレッジにターゲットを変更し、5000万ユーロ(約64億円)を支払うことで今夏最初の補強に成功しそうだ。

▶プレミアリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

次の記事:
ベティス監督セティエンが乾貴士を激励「タカが大好き。大切な選手であり、これからプレーする」
次の記事:
ベティス乾貴士、出場機会が限られる現状に苛立ちも…「打ち勝つことができる」
次の記事:
バルセロナGM、ネイマール再獲得ほのめかす「可能性あるとして考えないわけがない」
次の記事:
イニエスタが語るJリーグ「ここでは勝っていようが負けていようが早急に攻撃を仕掛ける」
次の記事:
大迫勇也から学べる点を語る北川航也「近くで見ることができて幸せ」
閉じる