マンチェスター・Cがイスコに熱視線…今夏の獲得に向け112億円を準備か

コメント
グアルディオラ監督がスペイン代表MFの獲得を強く望んでいるようだ。

マンチェスター・シティがレアル・マドリーのスペイン代表MFイスコに強い興味を示しているようだ。『ザ・サン』が報じている。

過去にもマンチェスター・シティはイスコの獲得に動いたものの、スペイン代表MFはいずれも移籍を拒否し、レアル・マドリーに残留。しかし、同選手の獲得を諦めないマンチェスター・シティは、今シーズン終了後に再度獲得に挑戦するようだ。

ジョゼップ・グアルディオラ監督は今冬、攻撃陣に新戦力を求めるも、リヤド・マフレズとアレクシス・サンチェスの獲得に失敗。そして、同指揮官は創造性のある中盤選手の獲得を強く望んでおり、今夏の移籍市場でイスコの獲得に向け7500万ポンド(約112億円)をつぎ込むことが予想されている。

一方、バルセロナに独走を許すなど、リーガ・エスパニョーラで失態を演じたレアル・マドリー。そこで十分な出場機会を確保できないでいるイスコは、シーズン終了後にサンティアゴ・ベルナベウから離れることを真剣に考えており、グアルディオラ監督の下でのプレーを熱望しているとされている。

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

次の記事:
日本代表初得点を振り返る堂安律「一生思い出に残るゴール」
次の記事:
日本代表の未来を背負う中島翔哉。ブレない信念「サッカーは楽しいもの」
次の記事:
日本の国民性も称賛するウルグアイ指揮官、森保ジャパンに脱帽 「日本の爆発的な攻撃に消耗してしまった」
次の記事:
日本代表初ゴールも先を見据える堂安律「まだまだアピールしないと」
次の記事:
3試合連続、ウルグアイ戦2得点の南野拓実、中島翔哉とは「試合前から話していた」
閉じる