ボアテング、バイエルン残留が決定的に…PSGと移籍金の差額埋まらず

コメント()
Getty
今夏は移籍を希望していたボアテングだが…。

ドイツ代表DFジェローム・ボアテングは、バイエルン・ミュンヘン残留が決定的となった。ドイツ紙『ビルト』が報じている。

ボアテングは今夏、新たな挑戦を希望しており、移籍が濃厚とみられていた。そして同選手に興味を示すパリ・サンジェルマン(PSG)が幾度かオファー。しかし、最終オファーとなった4000万ユーロ(約51億8000万円)の提示をバイエルンが拒否。クラブはあくまでも5000万ユーロ(約64億7000万円)を求める方針で、両クラブの要求の差は最後まで埋まることはなかった。

移籍金が足りず、バイエルン残留が決定的となったボアテング。今シーズンから指揮を執るニコ・コバチ監督は以前からドイツ代表DFの残留を希望しており、新シーズンのバイエルンでも重要な役割を担うことが期待される。

ボアテングはバイエルンの選手として260試合以上に出場。契約を2021年まで残している。新たな挑戦を希望していたものの、今夏は残留する線が高まった。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
ミラン、43億円で“レヴァ2世”獲得決定か…イグアインのチェルシー移籍も間近に
次の記事:
アジア杯準々決勝進出国が決定!優勝候補の日本、イラン、韓国、豪州が揃って8強へ
次の記事:
“ダークホース”カタールが豪快FKでイラクを下す!4試合クリーンシートで韓国との決戦へ
次の記事:
韓国が苦しみながらも準々決勝進出…バーレーンを圧倒も90分で決着つかず、延長に勝ち越し
次の記事:
ナポリ戦までに“レヴァ2世”獲得を急ぐミラン、移籍金44億円とJ・マウリを提示か
閉じる