ニュース 試合速報・結果
ブンデスリーガ

ブンデスリーガに異変?ドルトムントが前半戦王者で“退屈”な覇権争いに終止符【ブンデスリーガ前半戦総括】

17:40 JST 2018/12/28
Wolfsburg 23122018
ウィンターブレークのあるブンデスリーガは、他国よりひと足早く前半戦を終了。順位表を見れば。小さくない驚きを得ることができる。大幅なメンバーの入れ替えがあったドルトムントが首位、そして戦力を維持し、新監督を迎えたバイエルンが2位。ドルトムントがバイエルンの7連覇を阻止すべく、後半戦は一騎打ちか…。

■前半戦MVPはロイスの他になし

MARCO REUS BORUSSIA DORTMUND

ヘルプストマイスター(秋の王者。第17節終了時の首位チーム)に輝いたのは、ルシアン・ファーヴルを新監督に招聘したドルトムント。主軸だったソクラティス・パパスタソプーロスやミヒー・バチュアイを放出し、ベルギー代表のアクセル・ヴィツェルやスペイン代表のパコ・アルカセルら数多くの新戦力を獲得するなど、大規模な戦力の入れ替えを実施しながら、瞬く間に軌道に乗ったチームは第6節から首位の座を一度も明け渡さない力強い歩みを見せた。昨シーズンの同時期比でプラス14となる勝ち点42(13勝3分け1敗)を稼ぎ出している。

その快進撃を牽引したのは、新キャプテンのロイス。ドリブル、シュート、パスの三拍子が揃い、プレースキッカーとしても優秀だったトップ下は11ゴール・6アシストと極上の輝きを放ち、リーグ最多の44得点を誇るチームの攻撃陣を引っ張っている。イングランド代表デビューを果たすなど2年目の飛躍を遂げた18歳のサンチョ(6ゴール・7アシスト)、得点ランク首位タイの12ゴールを挙げているCFパコ・アルカセルを凌駕する圧巻の働きぶりだった。前半戦のMVPを選ぶなら、ロイスを置いてほかにいない。

Bundesliga Eintracht Frankfurt FC Bayern München

ドルトムントが開幕15試合無敗のクラブレコードを樹立した一方で、“大本命”のバイエルンは大きく躓いた。開幕4連勝を飾るも、第5節から3戦連続未勝利。ホームで4試合勝利から遠ざかる失態も演じた。ドルトムントとの“デア・クラシカー”ではスピードとスタミナの差を見せつけられ、2-3の逆転負け。ニコ・コバチ新監督はもちろん、バイエルンの選手や指揮官を擁護すると同時に、メディアの報道姿勢に難癖をつける異例の会見を開いたウリ・ヘーネス会長、カール・ハインツ・ルンメニゲCEO、ハサン・サリハミジッチSDへの批判も後を絶たなかった。

風向きが変わったのは、基本システムを4-1-4-1から4-2-3-1を変えた第13節以降。王者の意地を見せつける5連勝を飾り、ドルトムントと勝ち点6差の2位で折り返し地点を迎えた。苦戦の理由は数多い(トーマス・ミュラー、マッツ・フンメルス、マヌエル・ノイアーら主軸の不調、攻撃陣の詰めの甘さ、選手層の薄さ、ケガ人の続出など)が、ここにきて守備が安定したり、重鎮フランク・リベリが調子を上げたり、長期離脱していたキングスレー・コマンが戦列に戻ったりと、明るい話題が増えてきている。

そのバイエルンより長く2位の座にとどまっていたボルシア・メンヒェングラードバッハは、勝てば3ポイント差に肉薄していた第17節のドルトムント戦で黒星。欧州カップ戦出場という目標にとらわれた昨季の反省を踏まえ、一戦一戦に集中する構えのディーター・ヘッキング監督は気にする素振りを見せないが、覇権争いから一歩後退した。ただ、エースのラース・シュティンドル以上の活躍を見せたトルガン・アザールとアルザーヌ・プレアの両アタッカーを中心に、躍動感溢れるサッカーを展開し、敵地でバイエルンを3-0で破るなどポジティブな印象を残している。

■ポジティブな驚きを提供したのは…

Wolfsburg 23122018

バイエルン以上に期待を裏切っているのはレヴァークーゼン(9位)、シャルケ(13位)、シュトゥットガルト(16位)だ。いずれも欧州カップ戦出場を狙いながら、開幕からほとんどエンジンがかからず、中位以下に低迷する。ヘルリッヒ前監督のマネジメント力低下からか、とにかく調子の波が激しかったレヴァークーゼンは、第17節終了後にピーター・ボスを新監督に迎えたことを発表。昨シーズン序盤にドルトムントを率いたオランダ人指揮官の下、後半戦はアタッキングフットボールで巻き返しを図ることになるか。

シャルケとシュトゥットガルトが低空飛行を余儀なくされた大きな理由は、クオリティー、アイデア、コンビネーションの全てが物足りなかった攻撃面にある。シュトゥットガルトに関してはディフェンスの安定感にも乏しく、頼みの守護神ロン・ロベルト・ツィーラーが味方のスローインをトラップミスしてオウンゴールを記録するなど、ほとんどがネガティブな話題で注目を集めた。1勝2分け3敗となった第7節終了後、タイフン・コルクトからマルクス・ヴァインツィールに監督を代えたが、新政権発足後に3勝7敗と黒星先行の戦いが依然として続いている。

3チームとは対照的に、ポジティブな驚きを提供したのはヴォルフスブルク。過去2シーズンは昇格/降格プレーオフの末に辛うじて残留したが、CL出場権が得られる4位RBライプツィヒに勝ち点3差の5位と健闘している。屈強なCFのヴァウト・ヴェフホルストやダニエル・ギンチェク、正確なクロスが光る左SBのジェローム・ルシヨンら有能な新戦力を獲得するだけでなく、ここ数年欠けていた平穏をもたらした新スポーツ部長(事実上のGM)のマルク・シュマットケ、現場とフロント間の風通しを良くしたマルセル・シェーファー新SDが陰の立役者だ。

■ドルトムントにあるポジティブなデータ

Borussia Dortmund Schalke Bundesliga 081218

ブンデスリーガ54年の歴史を紐解けば、ヘルプストマイスターがそのままリーグ制覇する確率は68.5%。7年連続でこの称号を手にしていたバイエルンを退け、首位で年越しを迎えるドルトムントに話を限定すれば、その数値は100%まで跳ね上がる。過去3回(1994-95、95-96、2010-11)の内、一度もマイスターシャーレを逃さなかった歴史の再現なるか注目だ。ちなみに、大手ブックメーカー『ウィリアムヒル』の優勝オッズでは、ドルトムントが1.73倍でトップに浮上している。

ドルトムントの戴冠を阻むとすれば、同オッズで2位(2.10倍)のバイエルンがやはり有力。前半戦のラストゲームで、ヴォルフスブルクとともに躍進チームとなったフランクフルト(ヨーロッパリーグでドイツ勢初となるグループステージ全勝の快挙も達成)に3-0の完勝を収め、3ポイントを得ると同時に失いかけていた自信も取り戻した。ただ、安定感抜群のドルトムントを捉えるための“決定打”に欠けるのは確か。負傷者に泣かされた前半戦の反省を踏まえ、1月にオープンする移籍市場での補強は必須だろう。

優勝争いはドルトムントとバイエルンによる一騎打ちの様相を呈しそうだが、そうした戦前の予想がアテにならなかったのが前半戦だった。グラードバッハを絡めた三つ巴のバトル勃発や、ヨーロッパリーグ敗退決定で国内一本に集中できるうえ、姉妹クラブのレッドブル・ザルツブルクから引き抜く“得意技”で逸材アマドゥ・ハイダラを手に入れたRBライプツィヒがビッグサプライズを提供する可能性も否定できない。いずれにせよ、バイエルンが早い段階で独走態勢に入った近年の“退屈”な覇権争いにはならないはずだ。

Jovic Frankfurt 29112018

共に12ゴールのルカ・ヨビッチ(フランクフルト)とパコ・アルカセルがランキングの最上位に名を連ねる得点王争いからも目が離せない。これに続くのはティモ・ヴェルナー(RBライプツィヒ)とロイスで、大本命のロベルト・レヴァンドフスキは5位の10ゴール。そのすぐ後ろには9ゴールのセバスティアン・アレ(フランクフルト)、アザール、プレアが続き、例年とは異なる大混戦になっている。注目は21歳のセルビア代表ヨビッチ。左右両足を遜色なく使い分けるフィニッシュに加え、水準以上のテクニックやスピードも兼備する近未来のワールドクラス候補生だ。

文=遠藤孝輔(サッカージャーナリスト)

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores