ニュース ライブスコア
セリエA

バロンドール&FIFA最優秀選手賞を逃すも…C・ロナウド「世界の終わりではない」

12:19 JST 2019/01/02
Cristiano Ronaldo September 2018
ユヴェントスFWはチームでの成功が最も重要だと話した。

ユヴェントスのFWクリスティアーノ・ロナウドは、それほど個人タイトルに固執していないと主張した。

昨夏に9シーズン在籍したレアル・マドリーから総額1億1200万ユーロ(当時約146億円)もの移籍金でユヴェントスに加入したロナウド。移籍直後こそ苦戦を強いられるも、その後は得点を量産し、これまでに全公式戦24試合で15ゴールを記録する新天地でも変わらない活躍を見せる。

しかし、2018年はロナウド個人として、3年連続の受賞を目指したFIFA最優秀選手賞やバロンドールといった主要個人タイトルを逃す。クロアチア代表としてワールドカップで活躍したレアル・マドリー時代の同僚であるルカ・モドリッチにその栄誉を譲る形となったポルトガルのスター選手だが、母国メディア『Record』で個人タイトルのことをそれほど考えてはいないと話した。

「僕は個人としての賞に固執していない。いつも大切なのはチームを助けることで、そうできれば自ずとそれらの賞に手が届くはずだ。受賞したときに喜びを隠そうなんては思ってはいないけれど、別に受賞できなくても世界の終わりではない」

2018年の間にクラブと代表で53試合に出場して49ゴールを挙げたロナウドは、2019年も同様にゴールを量産して、ユヴェントスをセリエA8連覇と悲願のチャンピオンズリーグ制覇に導くことはできるのだろうか。

▶セリエA観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ