ニュース ライブスコア
セリエA

バロテッリ獲得にサッスオーロも関心…新加入の元同僚ボアテングもラブコール

20:10 JST 2018/08/14
2018-08-06-italy-mario-balotelli
サッスオーロがマリオ・バロテッリの獲得を検討している。一方、三都主アレサンドロ氏の従兄弟は、バロテッリにナポリ移籍を呼び掛けている。

ニースに所属するイタリア代表FWマリオ・バロテッリの獲得にサッスオーロが関心を示している。イタリア紙『トゥット・スポルト』が報じた。

所属先のニースとは、あと1年間の契約を残しているが、バロテッリは今夏の移籍を目指し、新天地を模索している。これまでパルマがスーペル・マリオの獲得を検討していたが、ニースが要求する移籍金は1000万ユーロ(約13億円)と高額で、セリエAに昇格したばかりの古豪は二の足を踏んでしまった。

移籍期間の終了期限が17日に迫る中、サッスオーロもバロテッリの獲得へ乗り出した。現在、取引の実現へ向けて検討を重ねている。12日に誕生日を迎えたバロテッリには、ミランの元チームメートで今夏、フリーでサッスオーロに加入したMFケヴィン・プリンス・ボアテングからもラブコールが届いた。所属クラブの意向を把握しているどうかは定かではないが、ボアテングはツイッター上にバロテッリとの写真を掲載。「ハッピーバースデー。君とはいつも楽しかったよ。おめでとうブラザー」と呼びかけた。

一方で、代理人のミーノ・ライオラ氏がバロテッリの移籍を提案したとされるナポリのOBからも加入を熱望する声が上がった。元日本代表の三都主アレサンドロ氏の従兄弟として知られるクーネオ(セリエC)のDFファビアーノ・サンタクローチェはインスタグラム上で、「マリオ、おめでとう。青のユニフォームはきっと君によく似合うはずだ。ナポリへ来て」と綴り、ナポリ移籍を勧めた。

このほかバロテッリには、日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユやフィリッポ・インザーギ率いるボローニャも獲得に興味を示していたが、今後の動向は注目されるところだ。

▶セリエA観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ