デュッセルドルフ、敵地で貴重な勝ち点3…宇佐美と交代のFWが決勝点

コメント()
(C)Getty Images

ブンデスリーガ第18節が行われ、フォルトゥナ・デュッセルドルフはアウェーでアウクスブルクと対戦した。

宇佐美貴史はウィンターブレイクを挟んで5試合連続の先発。左サイドのアタッカーに入った。

前半は一進一退の攻防が続く中、チャンスを活かしたのはデュッセルドルフ。前半終了間際、ドディ・ルケバキオのクロスにマルヴィン・ドゥクシュが頭で合わせ、ネットを揺らす。

また、宇佐美は1対1への強い意識を見せ、果敢に仕掛けていくシーンが目立った。

後半に入ると、64分にアウクスブルクが同点に追いつく。ヨナタン・シュミットがゴール右からFKを直接狙う。コースはやや甘く、GKミヒャエル・レンシングが手で弾き返したが、すでにボールはゴールラインを越えていたとして、ゴールが認められた。レンシングは虚を突かれる形となっている。

結局、宇佐美は68分に交代。それでも終盤にデュッセルドルフが勝ち越しに成功する。宇佐美と交代で入っていたベニト・ラマンが結果を残す。アルフレド・モラレスのフィードに抜け出すと、華麗なトラップから右足を振り抜き、ネットを揺らした。これが決勝点となり、デュッセルドルフが敵地で貴重な勝ち点3を手にしている。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

閉じる