“ダークホース”カタールが豪快FKでイラクを下す!4試合クリーンシートで韓国との決戦へ

コメント()
©Getty Images

アジアカップ2019は22日にラウンド16が行われ、カタールとイラクが対戦した。

2022年のW杯開催国でもあり、近年著しい成長を見せるカタールは、グループステージを3戦全勝で首位通過。3試合で7ゴールをマークし、得点ランクトップに立つアルモエズ・アリを中心とした高速カウンターを武器に8強進出を目指す。

対するイラクは、グループDを2勝1分の2位で突破。イランとの最終節は堅い守備も見せ、優勝候補を無失点に抑えるなど、負け知らずで勝ち上がってきた。07年に成し遂げた奇跡の優勝の再現を狙い、重要な一戦に臨んだ。

試合は序盤からアグレッシブな試合展開。カタールはポスト直撃の決定機を迎えるなど、早速その好調な攻撃でイラクゴールを襲う。スピードのあるアルモエズ・アリが一瞬の隙を突いて突破すると、GKと1対1に。PA内で倒されてしまうが、主審はPKを与えなかった。

対するイラクは23分、カタールのイージーなミスから10番のモハナド・アリがボールを拾って前線へ。GKと1対1を迎えたが、交わす際に左足とGKの頭が交錯。主審はイラク側の反則を取り、危険なプレーでモハナド・アリに警告を与えた。

その後は両者がカウンターの応酬でオープンな展開となるが、スコアは動かず。前半はスコアレスで終了した。

後半に入ると両者の攻守の切り替えがより激しくなっていく。カタールは53分、イラク最終ラインのミスを逃さなかったアクラム・アフィフが裏に抜け出してGKとの1対1の局面を作るが、タッチが伸びてしまいフィニッシュまで持ち込めず。絶好のチャンスを逃してしまった。

しかし62分、カタールはPA手前左付近でFKを獲得するとキッカーはバサム・アルラウィ。右足で放った強烈な一撃が、ゴール左に吸い込まれカタールが先制に成功した。1点をリードしたカタールはさらに畳み掛ける。67分、アクラム・アフィフの突破から最後はバサム・アルラウィが裏に抜けてシュート。これは決まらなかったが、カタール優勢で試合が進んでいく。

諦めないイラクも前線からの激しいプレッシングでマイボールにすると、サイドからクロスを放り込み、決定機を作るが、未だ無失点のカタールの堅い守備を前にゴールを奪えず、試合はそのままタイムアップ。カタールがイラクを1-0で下し、8強進出を決めた。

勝利したカタールは、準々決勝で韓国と対戦する。

■試合結果
カタール 1-0 イラク

■得点者
カタール:バサム・アルラウィ(62分)
イラク:なし

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

閉じる