シェフチェンコが旧友ガットゥーゾにエール「彼は今のミランにぴったりな人物」

コメント()
(C)Getty Images
かつてミランでプレーしたアンドリー・シェフチェンコが古巣や元同僚のジェンナーロ・ガットゥーゾにエールを送った。

ウクライナ代表監督のアンドリー・シェフチェンコが、6日付のイタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』のインタビューに応じ、古巣のミランなどについて語った。

ミランは12月、公式戦5試合にわたって勝利から遠ざかり、苦戦が続いた。一時はチャンピオンズリーグ出場圏内の4位につけていたミランだが、現在は圏外の5位に後退している。このため指揮官ジェンナーロ・ガットゥーゾの責任を問う声も上がったが、シェフチェンコはミランの元同僚を支持する。

「クラブの姿勢は非常に気に入った。自信を持っていて、困難のときでもブレることがない。レオナルドも(パオロ)マルディーニも落ち着いて仕事をしているし、特に能力もある。リーノ(ガットゥーゾの愛称)は今のミランにぴったりな人物だと思う。続投を決めるのは良いと思う。彼がクラブから信頼されているようで私も嬉しいよ。ガットゥーゾのおかげで長年にわたった苦境を乗り越え、再びチームにアイデンティティが生まれ、帰属意識も芽生えたんだ」

続いて元ミランFWは、今シーズン、不振にあえぎ、直近のリーグ戦7試合でわずか1得点のFWゴンサロ・イグアインについて言及した。

「彼にはかなりのプレッシャーがのしかかっているし、不運もあったと思う。例えばユヴェントス戦でのPK失敗などね。シーズン開幕から“責任感”を感じていたと思う。大型補強であったため、ここ数カ月、彼には常に視線が注がれていた。ユーヴェ戦では特にね。だが私は個人ではなく、チームを見ている。イグアインもミランも落ち着いていくべきだ」

またシェフチェンコは、16日に行われるイタリア・スーパーカップ決勝へ向けて、ミランにエールを送った。

「ユヴェントスはリーグ最強のクラブだ。セリエAでユーヴェを倒すのは難しいが、1試合での勝負ならよりチャンスがあるだろう。ミランが試合に向けて良い準備をし、細部に気を配れば可能性はある」

▶セリエA観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
札幌、河合竜二が引退を発表…フロントスタッフ就任へ「今、目の前のことを全力で」
次の記事:
驚異のシャビ、アジア杯の大会前予想で8強の7カ国を的中。日本代表は決勝進出を予想も…
次の記事:
ベトナム国内の盛り上がりは最高潮…国営TVの日本戦広告料はロシアW杯決勝並みに
次の記事:
「日本のレベルは高いが…」ベトナムメディアが指摘する森保ジャパン3つの弱点
次の記事:
Jリーグ、ルヴァン杯、J1参入POなどの最大14試合でVARの導入が決定
閉じる