サウジ戦から中2日、メンバー変更1人の理由は?森保一監督が説明

コメント()
(C)Getty Images

▶期間限定2ヶ月間無料トライアル実施中!サッカー観るならDAZNで。

日本代表の森保一監督は勝利したベトナム戦について「どんな形でも勝って次のステージに進むことが大切な戦いの中、無失点に抑えてくれて次のステージに進めることができたのはよかったと思います。また、チームとしても経験値が一つ上がり、成長につながる戦いができた」とまずはポジティブに振り返った。

日本は24日、アジアカップ準決勝でベトナムと対戦。度々カウンターを浴び、ゴールも堂安律のPK弾にとどまるなど、薄氷を踏む思いで準決勝進出を決めた。それでも、森保監督はまた一つチームが経験値を積んだと話している。

「相手を無失点に抑えて勝てたのは良かったと思いますが、決定機はたくさんありましたし、そこを決めて追加点を奪って勝つことができれば、さらに良かったかなと思います。ベトナムは非常に粘り強く戦ってくるということで、なかなかゴールをこじ開けれられなかったですが、決定力という部分ではチームとしての課題として次の試合で改善していければと思っています。しかしながら、なかなか追加点を奪えない中で、選手たちが集中力を切らさずに試合を続けてくれて、勝ち切れたことはチームの経験値が一つ上がったかなと思っています」

また、中2日と過密日程ながら、サウジアラビア戦からのスタメン変更は1名のみ。森保監督は多くのメンバー変更も考えたとしつつ、「サウジアラビア戦からお互いにいい連携・連動のもと、このベトナム戦に向けて準備して戦うこと」を理由に、あまり顔ぶれが変わらない11名を送り出したことを明かす。

最後にはベトナム人記者からの質問にも応じ、奮闘を見せた相手国を称えた。

「ベトナムは非常に守備が固く、粘り強く戦えることは、これまでのチームづくりとして見ていたので、そう簡単にビッグチャンスを何回も作ることはできない、(ゴールを)こじ開けるのは難しいと思って試合に臨みました。ボールを動かしながら、ロストはしましたけどチャンスを作っていたと思ってますし、ボールを動かしながら試合を進めていたので、試合を通してチャンスの数を増やすことができたのかなと思っています。ベトナムは監督とコーチ、素晴らしいスタッフのもと急成長しているチームだと思っています」

準決勝の相手はイランか中国。「ニュートラルな気持ちで観て、勝ち上がってきたチームに対して、しっかり対策をして試合に臨めれば」と口にした森保監督。タイトル獲得へ向け、正念場となりそうだ。

▶期間限定2ヶ月間無料トライアル実施中!サッカー観るならDAZNで。

DAZN2ヶ月無料

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

閉じる