クライファートやドンナルンマら、10代スターの10年後は?シミュレーションで徹底予想

コメント()
Goal
サッカーのシミュレーションゲームで、世界で最も優れた若手選手が、今後どのように成長し、どのような結末を迎えるか、予想してみよう。

ジャスティン・クライファートは、世界のサッカー界で最も優れた10代を選ぶ2018年版『NxGn』で、1位に選出された。同じくアヤックス所属のDFマタイス・デ・リフトが4位、昨年1位だったジャンルイジ・ドンナルンマは惜しくも2位となった。だが、今年トップに選ばれた選手たちは、10年後、どうなっているのだろう。人気サッカーゲーム『Football Manager 18』で予想してみよう。

アヤックスは、世界で最も優れた若手選手2人を抱えるチームであるが、我らがシミュレーションゲームによると、2人を囲いこむことに失敗。クライファートとデ・リフトはともに、今後2シーズン以内にチームを去ることとなった。2人とも、アヤックスではメジャータイトルを獲得することができず、よりよいチャンスと個人的な成功を求めて、国を出るのである。

クライファートはインテルに移籍するも、最初はうまくいかず、2019-20シーズンは14試合に出場して2ゴールのみ。トップチームでの出場機会を求めて、サッスオーロレンタル移籍することになる。インテルでセリエA優勝を成し遂げた後、クラブ最高額の移籍金2200万ポンド(約33億円)で迎えられ、ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンFCに加入。オランダ代表のクライファートは、バギーズことWBAのファンの間で絶大な人気を誇るようになり、プレミアリーグで240試合以上出場した。

デ・リフトも、アヤックスを去るときはクラブの移籍金記録を更新し、最高額の選手として5900万ポンド(約88億円)でバイエルンと契約。クライファート同様、バイエルンからレンタルへと出されることになるが、ドイツでの最初のシーズンは、リーグに慣れるためハンブルガーSVに加入する。

デ・リフトが獲得するトロフィーはバイエルンから始まり、ブンデスリーガで6度の優勝を果たす。代表としての栄光も華やかで、2022年にはオランダ代表のキャプテンとなり、110試合に渡りプレーした。

デ・リフトも、アヤックスを去るときはクラブの移籍金記録を更新し、最高額の選手として5900万ポンド(約88億円)でバイエルンと契約。クライファート同様、バイエルンからレンタルへと出されることになるが、ドイツでの最初のシーズンは、リーグに慣れるためハンブルガーSVに加入する。

デ・リフトが獲得するトロフィーはバイエルンから始まり、ブンデスリーガで6度の優勝を果たす。代表としての栄光も華やかで、2022年にはオランダ代表のキャプテンとなり、110試合に渡りプレーした。

そしてドンナルンマは、ユヴェントスから常に興味を示されるものの、ACミランに忠義を尽くし、ゴールマウスに立ち続けた。ロッソネロで455試合に出場し、193試合で無失点という快挙を成し遂げる。連続無失点の記録を確立し、それを10年間で4度も更新した。

2026年のヨーロッパリーグでミランを決勝に導き、セリエAで2度タイトルを獲得するが、ドンナルンマの最高の栄光は、代表として成し遂げられる。2026年のメキシコワールドカップで、ウクライナ相手のPK戦の末、イタリアに優勝をもたらし、サッカー界で最高のトロフィーを掲げて、母国のヒーローとなるのだ。

2018年の『NxGn』で第3位となったヴィニシウス・ジュニオールは、2018-19シーズンにCRフラメンゴからレアル・マドリーに移籍するが、ジネディーヌ・ジダン監督が、1年は別のクラブで経験を積んだほうが、成長につながると判断したため、サンティアゴ・ベルナベウでのプレー時間は短かった。ウィングのヴィニシウスは、シャルケに移籍し、同クラブの最速得点記録を樹立。ファン投票で年間最優秀選手に選ばれ、ブンデスリーガの新人王となる。

そして2020年代初頭、ヴィニシウスは大いに成功をつかむ。レアルで4連覇を果たすと、2024年にはマンチェスター・シティが1億900万ポンド(約163億円)という大金をはたいてヴィニシウスを獲得。シティがそれほどの経費をかけたにもかかわらず、ヴィニシウスはプレミアリーグでは栄光をつかめないままで終わる。2028年のカラバオ・カップ優勝が、デレ・アリ、アイザック・サクセス、ヴィニシウスの3人がマンCにもたらす、唯一の栄冠となる。

今年の『NxGn』では第5位だったフィル・フォーデンも、シティで平凡なキャリアを積む。2017-18シーズン、プレミアリーグで1分もプレーできずに終わるのだ。その結果、フォーデンは、ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンFCへ移籍。ケガと不遇で、ブライトンでのキャリアはパッとしないものに終わり、マンCに呼び戻される。

フォーデンはその後、フルハムとオリンピック・リヨンに加わり、プレミアリーグとリーグ・アンで活躍するチャンスを与えられたが、結局のところブレークすることはなかった。サウサンプトンのラブコールを受け、ようやくサッカーを続けられるようになり、2026年にはパリ・サンジェルマンへとステップアップ。翌年、クープ・ドゥ・プランスで優勝するが、それがフォーデンの唯一の獲得トロフィーであった。

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

閉じる