キミッヒ、残留宣言のレヴァンドフスキに注文「彼からの僕たちに対する評価もないと」

コメント()
Getty
バイエルンに残ることを宣言したエース。その決断に同僚がコメントしている。

今夏、去就が騒がれたバイエルン・ミュンヘンのFWロベルト・レヴァンドフスキはついに残留を宣言。同僚のヨシュア・キミッヒはその存在の重要性を語りつつ、同FWへの注文を口にした。

移籍を望んでいたレヴァンドフスキだが、ドイツ誌『シュポルト・ビルト』のインタビューではその理由について、「(昨シーズンの終盤)2、3試合重要な試合で点が取れず、『レヴァンドフスキなら自由に叩いていい』というような感じになったんだ。誰も僕の近くにはいなかったし、クラブも守ってくれなかった」と当時の心境を語った。

だが、エースはブンデスリーガ開幕を前に「ただ、今はバイエルンにハートが戻った」とその考えを変えたとのこと。「新監督のニコ・コバチとは本当に良い対話ができている。彼は僕が何を感じているのか理解している。チームや僕がどのようにプレーすべきかアイディアを伝えてくれるし、満足している」と新監督の言葉やプレシーズンでの「ファンの温かい声援」が心を入れ替えることにつながったと話している。

そんなチームメイトの残留宣言について、22日の記者会見でキミッヒは以下のようなコメントを残した。『シュポルト1』が伝えている。

「ロベルトは、彼が僕たちにとっていかに重要なのか知っているはずだ。彼がチームにいることにより、(リーグ戦)30ゴールは保証されるんだ。まあ、昨シーズンは29ゴールしか決めてくれなかったけどね。ガッカリしたよ(笑)」

「でも彼は後方でボールを拾いながら1人でドリブルで駆け上がり、ゴールを決め続けているわけではないことも見てほしい。彼には毎年ゴールを挙げ続けるするためにサポートしているチームメイトたちがいるんだ。僕たちが彼を評価するだけではなく、彼の僕たちに対する評価もなければいけないんだ」

レヴァンドフスキがクラブからの評価を感じていなかったことについても触れている。

「どこで働くにしても評価は大事なテーマ。だが、サッカー界での評価は必ずしも公に語られなければならないものではない。ロベルトが、それが足りなかったと言うのなら、もちろんそう信じざるを得ないけどね」

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
モウリーニョの片腕ルイ・ファリアが中東レフウィヤSCで再出発…中島翔哉に関心との報道も
次の記事:
「トップ4のために負けられない」ダービーを前に、エメリが勝ち点3奪取を誓う
次の記事:
グアルディオラがマンチェスター・Cの補強方針について言及「中盤の選手3、4人を調査中」
次の記事:
元バルセロナのクエンカ、サガン鳥栖に正式加入…同胞F・トーレスと日本で同僚に
次の記事:
ポグバが“帰って来た”スールシャールを大絶賛「チームをファーガソン時代に戻した」
閉じる