カセレスが神戸移籍を断念した舞台裏を伊紙が特集「東洋での冒険を決めていたが…」

コメント()
Getty Images
イタリア紙は、移籍先をヴィッセル神戸から一転してユヴェントスに決めたマルティン・カセレスについて特集した。

▶期間限定2ヶ月間無料トライアル実施中!サッカー観るならDAZNで。

ウルグアイ代表DFマルティン・カセレスのユヴェントス移籍の舞台裏について、イタリア紙『トゥット・スポルト』が7日、詳細を報じている。

カセレスは今冬の移籍市場において、アル・ドゥハイルへ移籍したモロッコ代表DFメディ・ベナティアの代役としてユヴェントスへレンタル加入した。しかし移籍が決定する48時間ほど前まではヴィッセル神戸入りが濃厚とされており、急展開の動きだった。イタリア紙はこれについて、「カセレスの復帰は愛ゆえの行動だった」などと説明している。

31歳のウルグアイ代表DFは、年俸300万ユーロ(約3.7億円)にボーナスを加えた条件の3年契約で日本へ渡る手筈が整っており、すでに飛行機の予約も済んでいたとされている。3年間で900万ユーロ(約11億円)以上を手にするはずだったカセレスだが、古巣のユヴェントスから今シーズン終了までの5カ月間で90万ユーロ(約1.1億円)とのオファーが届くとこれを受け入れた。

ボローニャやパルマからのオファーを断り、「東洋での新たな冒険へ挑むことを家族とともにすでに決めていたカセレス」だったが、「自身にとって単なる1クラブ以上の重みをもつユヴェントスの幹部からわずか2回ほど電話連絡を受けると後ずさりし、神戸との予約を取り消して“黄金の年金”を手放した」という。「狂気の沙汰と言うよりも、サッカー選手としての選択。心で決めた選択だ。2009-10シーズンおよび2012年から2016年まで身にまとったユヴェントスのユニフォームへの思いが強かったのだろう」と指摘した。

▶期間限定2ヶ月間無料トライアル実施中!サッカー観るならDAZNで。

DAZN2ヶ月無料

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

閉じる