エメリがマンチェスター・Cとの力の差を認める「90分間にわたって彼らが優勢だった」

コメント()
Getty Images

アーセナルのウナイ・エメリ監督は、マンチェスター・シティと力の差があったことを認めた。

3日に行われたプレミアリーグ第25節でアーセナルは敵地でマンチェスター・Cと対戦。開始早々に失点を喫したアーセナルだが、11分にローラン・コシールニーの得点で試合を振り出しに戻す。しかしその後、守備陣が堪え切れずセルヒオ・アグエロにハットトリックを許して1-3で敗れた。

この敗戦により、アーセナルは4位チェルシーとの勝ち点差が3に開き、さらに6位に後退。自チームの完敗を受け、エメリ監督はジョゼップ・グアルディオラ監督率いるチームに力負けをしたと話した。

「彼らが90分間を通して優勢だった。最初の45分、我々は全員で守り、時折カウンターアタックを使うなどよく持ちこたえて、試合がどっちに転ぶかわからなかった。しかし、1-2になった後、彼らはさらに優位に立ち、我々は敵陣のボックスにすら入ることができなかった。結果は明らかだった」

「この試合で、我々には好守にわたり全員が協力してプレーする必要があったが、求めていた結果を手にできなかった。今日、彼らは我々との違いを存分に示した」

力の差を認めた一方で、エメリ監督はこの完敗を今後に引きずる必要はないとも話した。「彼らは90分間一定のレベルで戦っていたが、後半の我々のレベルは前半よりもかなり劣っていた。特に失点の後、我々のメンタリティは試合に勝てるようなものではなかった。選手たちの働きには満足しているから、今は冷静になる必要がある」

▶プレミアリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

閉じる