「イカルディはゴール前の獣」フィオレンティーナ指揮官、インテル戦へ両エースを比較

コメント()
Getty Images
フィオレンティーナのステファノ・ピオリ監督はマウロ・イカルディを擁する古巣インテルを警戒しつつ、勝利を目指す。

フィオレンティーナの指揮官ステファノ・ピオリが24日、セリエA第6節インテル対フィオレンティーナ戦の前日記者会見に出席した。指揮官は自陣のエースであるFWジョバンニ・シメオネとインテルのFWマウロ・イカルディを比較した。

2016-17シーズンにインテルを指揮した経験を持つピオリは、古巣のエースである25歳のイカルディとアトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督を父に持つ23歳のシメオネJr.の対決について言及した。

「シメオネとイカルディは、2人とも偉大なセンターフォワードだ。だが私が見る限り、違いもある。マウロはペナルティエリア内の獣だ。まさに自身の嗅覚でゴールを嗅ぎつける。ジョバンニは非常に成長しており、すでに偉大なアタッカーだが、さらに強くなると私は考えている」

続いてピオリはジュゼッペ・メアッツァで行われるインテル戦へ向けて意気込みを語った。

「インテルは強いので、ユーヴェに近づけるのではないか。チャンピオンズリーグでも戦っているクラブだが、我々もミラノへは勝負に行く。自分たちのクオリティに相応しい試合を95分間する決意だ。(次戦だけが)腕試しのテストとは思わない。なぜならセリエAの試合すべてがそうであると思っているからだ。それでも相手のレベルが上がれば、自分たちのパフォーマンスも上げなければならない。我々の周囲に月を欲しがる(無理な要求をする)者はいないが、我々は野心的な集団であり、次戦では勝利することを考えている」

▶セリエA観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
バルセロナ加入のボアテング、レアル贔屓の発言は「もう過去のこと。次のクラシコでゴール決めたい」
次の記事:
「本来ならボールを握りたいが…」森保監督、耐え忍んでの勝利に「1つのオプションができた」
次の記事:
スカウティング通りのCKからの得点…吉田麻也、分析スタッフを誇る「日本人は緻密」
次の記事:
開催国UAEがキルギスとの延長に及ぶ死闘制す!準々決勝では前回王者オーストラリアと激突/アジア杯
次の記事:
日本対サウジの一戦を『FOXスポーツ』が採点…最高点は吉田&冨安のCBコンビ!
閉じる