アーセナルDFベジェリンに悲劇…前十字じん帯断裂で最大9カ月の長期離脱へ

コメント()
(C)Getty Images

アーセナルDFエクトル・ベジェリンが、前十字じん帯断裂で最大9カ月の離脱となるようだ。イギリス『BBC』が報じた。

昨年12月からふくらはぎの負傷で離脱していたベジェリンは、12日に行われたプレミアリーグ第22節のウェスト・ハム戦で途中出場して復帰。19日に行われた直近のプレミアリーグ第23節のチェルシー戦(2-0でアーセナルが勝利)では先発に戻っていたが、72分に競り合った際に膝を痛め、ストレッチャーに乗せられてピッチから退いていた。

試合後、アーセナルのウナイ・エメリ監督は「間違いであることを願っているが、ポジティブな印象ではない」とベジェリンについて語っていたが、やはり状態は深刻だったようだ。『BBC』によれば前十字じん帯を断裂しており、離脱期間は6~9カ月になるもようだ。

ベジェリンは今シーズン、リーグ戦19試合に出場して5アシストを記録。出場した試合ではハイパフォーマンスを見せてきただけに、本人はもちろんアーセナルにとっても痛恨の長期離脱となる。

▶プレミアリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

閉じる