アーセナル、敏腕スカウトの退団が決定…過去には香川真司やオーバ、デンベレらを“発掘“

コメント()
FC Arsenal
クラブ上層部の再編が退団の決定打に?

アーセナルは21日、クラブのリクルート部門のトップを務めるスヴェン・ミスリンタート氏が来月8日に退団することを発表した。

ボルシア・ドルトムントで10年間に渡ってスカウトを務め、香川真司やピエール=エメリク・オーバメヤン、ウスマン・デンベレやジェイドン・サンチョなどの獲得を主動したミスリンタート氏は2017年12月にアーセナルに入団。新天地にはドルトムントから知るヘンリク・ムヒタリアンやオーバメヤンを連れてくるほか、ルーカス・トレイラやマテオ・ゲンドゥージの獲得も手掛けていた。

そんな敏腕スカウトとして名高いミスリンタート氏はわずか14カ月で退団することに。公式ウェブサイトで「ありがとう、スヴェン」と同氏に感謝を告げつつ、来月8日をもってアーセナルを離れることを伝えた。また、本人は「大きな変化の時代となった中、アーセナルのような偉大なクラブでの仕事は素晴らしい経験。クラブがどのような将来を迎えるのか、そして自分自身の新たな挑戦を楽しみにしている」とのコメントを残している。

アーセナルは22年間クラブを引きたアーセン・ヴェンゲル前監督が昨夏に去り、さらに昨年11月にはイヴァン・ガジディス前CEOも退団。ウナイ・エメリ新監督を迎えたクラブだが、報道によれば、元バルセロナのラウール・サンジェイ氏をフットボール部門のリーダーに昇進させ、さらに新たなテクニカルディレクターの招へいを図っていることが、ミスリンタート氏の退団の決断につながったという。

なお、先日バイエルン・ミュンヘンが同氏の招へいに動くとも報じられていたが、ドイツ誌『キッカー』曰くその可能性は低いとのこと。それでも“ダイヤモンドアイ“とも呼ばれる46歳のスカウトは引く手あまただと見ても良いかもしれない。

▶プレミアリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

閉じる