アーセナル戦でハットトリックの大活躍も疑惑の3点目に…アグエロ「ハンドだったかも」

コメント()
Getty Images

マンチェスター・シティのセルヒオ・アグエロは、アーセナル戦の3点目がハンドだったかもしれないと認めた。

3日に行われたプレミアリーグ第25節でマンチェスター・Cはホームでアーセナルと対戦。アグエロは1分に先制弾を叩き込むと、1-1で迎えた44分には勝ち越し点をマークする。さらに61分にもダメ押しとなるゴールを挙げるなどハットトリックの活躍を見せ、3-1の勝利に貢献した。

しかし、3点目が入った際にアーセナルDF陣はアグエロのハンドをアピール。映像を見る限りアーセナルGKベルント・レノのはじいたボールがアグエロの左腕に当たっているようにも見受けられる。議論が巻き起こる中、アグエロはイギリス『スカイスポーツ』で疑惑のゴールについて口を開いた。

「正直言って、僕は胸に当たったと思っていた。でも、今テレビの映像を見る限りだとハンドだったかもしれない。それでも、(プレミアリーグ通算)10度目のハットトリックは良いものだ。ただ、それ以上に勝利できたことのほうが大切だ」

アグエロの疑惑のゴールについて、『スカイスポーツ』解説陣の意見は真っ二つ。グレアム・スーネス氏は「肘の下に当たっているから、有効であるとは考えにくい」と話した一方で、ジェイミー・キャラガー氏は「あれでハンドを取られるのは厳しすぎる。言うほどのハンドではなかった」と主張している。

▶プレミアリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

閉じる