猛抗議で退場のブッフォン、主審に激怒「試合を裁く勇気がないならスタンドから眺めるべき」

コメント
猛抗議の末に退場となったイタリア代表守護神はレアルを称賛するも、判定へ辛辣な言葉を並べた。

ユヴェントスのGKジャンルイジ・ブッフォンは、勝負を分けた終盤のPKへの怒りは収まりそうもないようだ。

11日に行われたチャンピオンズリーグ準々決勝セカンドレグで、レアル・マドリーと対戦したユヴェントス。ファーストレグで3点のビハインドを背負って試合に臨んだが、開始2分で先制すると61分までに計3ゴールを奪ってスコアをタイに戻す。

しかし、後半アディショナルタイムにメフディ・ベナティアがファールをとられ、レアルにPKが与えられる。主審のマイケル・オリヴァー氏に猛抗議したブッフォンは退場となり、このPKをクリスティアーノ・ロナウドが冷静に沈め、2試合合計で3-4でユヴェントスのベスト8敗退が決定した。

退場処分を受けたイタリア代表守護神は、PK判定への怒りを露にした。

「あれは明らかに疑わしい判定だ。まったくもって明らかではない。ファーストレグでの明らかなPKが認められなかったのならば、93分に起きた疑わしい場面でスポットを指せないはずだ。チームはすべてを出してこの試合を戦ったが、素晴らしい巻き返しも最後の疑わしい判定によって終焉を迎えた」

「彼は自分が起こした惨劇を理解しなければならない。ホームチームの重圧に負け、勇気を持って試合を裁けないのなら、スタンドに座ってスナックを食べながら試合を眺めるべきだ。彼はファーストレグの試合を見て、起きたことを確認しなければならなかった。同じ場面がセカンドレグの93分に起き、PKを与えたんだ」

また、レアルと自身のチームメイトを讃えつつ、判定への無念さを吐露した。

「レアル・マドリーは勝ち上がるに値するチームで、僕にとって最高のチームである。彼らとの試合はいつだって名誉だ」

「チャンスは0.0000005%しかないと知りながら試合に臨んだが、延長に進めるだけのチャンスが十分にあった。このチームの一員として戦えたことを非常に誇りに思う。それにチームメイトのことも誇りに感じている。だから自然と後悔と怒りが込み上げてくる」

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

次の記事:
まさかの敗退に落胆するモウリーニョ「数人の選手は何も学んでいない」
次の記事:
アトレティコ、グリーズマン弾ら3発でウエスカに快勝!マドリーダービーに向けて弾み/リーガ第6節
次の記事:
大迫フル出場ブレーメンが3発快勝!バイエルンはドローで連勝「6」でストップ/ブンデスリーガ第5節まとめ
次の記事:
壮絶な師弟対決はランパードに軍配!マンチェスター・Uはまさかの3回戦敗退/カラバオ・カップ3回戦まとめ
次の記事:
ポグバとモウリーニョの関係は修復不可能?戦術批判ともとれる発言に激怒か
閉じる