ロシアW杯監督の年俸ランキングが明らかに!日本代表・西野新監督の順位は?

コメント
ロシアW杯に参加する代表の監督で一番年俸をもらっているのは?

オランダ『Zoomin』が、ロシア・ワールドカップに参加する32カ国の代表監督の年俸ランキングを明らかにしている。

1位に立ったのは、ディフェンディング・チャンピオンとしてロシアへと臨むドイツ代表のヨアヒム・レーブ監督。年俸は約4億9000万円で、クラブと比較すると、指揮する回数や実際に現場に立つシーンの少なさから、低めの給料設定となっている。

2位には2人が入った。ブラジル代表のチッチ監督と、フランス代表のディディエ・デシャン監督。ともに約4億4600万円を年俸として受け取っているようだ。

また、先月日本代表の指揮官に就任した西野朗新監督は、14位タイ。約1億2000万円を受け取っているようだ。なお、最下位は日本代表と同組のセネガル代表を率いるアリュー・シセ監督。年俸は約2600万円となっている。なお、31位も日本代表と同組のポーランド代表で、アダム・ナバウカ監督は年俸約3390万円であるようだ。

1位ヨアヒム・レーブ(ドイツ):約4億8990万円
2位チッチ(ブラジル)、ディディエ・デシャン(フランス):約4億4600万円
4位フレン・ロペテギ(スペイン):約3億8200万円
5位スタニスラフ・チェルチェソフ(ロシア):約3億2660万円
6位フェルナンド・サントス(ポルトガル):約2億8040万円
7位ガレス・サウスゲート(イングランド)、カルロス・ケイロス(イラン):約2億4960万円
9位ホルヘ・サンパオリ(アルゼンチン):約2億3100万円
10位オスカル・タバレス(ウルグアイ):約2億1570万円

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

次の記事:
シメオネのブレない哲学「私はポゼッションよりも失点を減らすことを好む」
次の記事:
「大きな経験になった試合」風間監督が語る古巣・川崎Fから見習うべきものとは?
次の記事:
スペインサッカー監督委員会、昨季最優秀監督に柴崎岳所属のヘタフェ指揮官を選出
次の記事:
香川真司、リーグ戦選外からスタメンに!ホッフェンハイム戦メンバーが発表
次の記事:
モドリッチ、脱税による禁錮8カ月の罪を認める…スペイン紙報道
閉じる