ニュース 試合速報・結果
FIFA ワールドカップ

2022年カタール・ワールドカップ(W杯)の優勝候補は?最新パワーランキング

14:41 JST 2022/12/07
World Cup power rankings HIC 16:9
2022年カタール・ワールドカップに出場できる32チームが出揃う中、『GOAL』では最もタイトルにチャレンジできる可能性の高いチームを紹介する。

2022年カタール・ワールドカップはついにベスト8が出揃った。

▶W杯はABEMAで無料ライブ配信!広告なしで観るなら14日間0円のプレミアム登録がおすすめ

ブラジルやアルゼンチン、フランスといった優勝候補が準々決勝へ順当に進む中、ベルギーやドイツ、スペインが敗退する番狂わせもあった。

『GOAL』では、決勝トーナメント1回戦の結果を受けて全チームをランキング形式で紹介する。

(最終更新:2022年12月7日)

  • Croatia World Cup Rankings GFX

    8位:クロアチア(前回8位)

    クロアチアは、ワールドカップで自分たちの道を切り開くという「それ」をまたやってのけた。

    2018年、2度のPK戦を制したズラトコ・ダリッチ監督は、日本に1-1の引き分けに持ち込まれた後、再びスポットキックで勝ち抜いた。

    しかし、前線に切れ味がなく、ベテランのスター選手も疲れ始めているため、今回もブラジルを突破して準決勝に進出することは難しいだろう。

  • Achraf Hakimi Morocco Konami

    7位:モロッコ(前回9位)

    モロッコは、アフリカ勢として歴史的なグループリーグ突破を果たし、アフリカ大陸から4番目にワールドカップ準々決勝に進出したチームとなった。

    また、スペイン戦での毅然とした態度は、大会序盤に見せた印象的な攻撃から、さらに称賛を受けるに値する。

    土曜日、勢いに乗るポルトガルに挑むにあたり、守備陣の負傷を克服しなければならないが、カタールで最も声量のあるファンたちが彼らを支え、大きな信念を持っているのだから、まだ彼らを見捨てることはできないだろう。

  • Netherlands World Cup Rankings GFX

    6位:オランダ(前回6位)

    今大会で最も印象的だったのは、オランダがアメリカを圧倒し、ワールドカップへの復帰が少なくとも準々決勝まで続くことを確実にしたことだ。

    メンフィス・デパイが、カタールでのスロースタートから、ほぼ完全な状態まで戻ってきたように見えるし、監督のルイス・ファン・ハールも、ついにトロフィーを初めて手にするチャンスを語り続けている。

    そのためには、間違いなくオランイェにとってこれまでで最も厳しい試練となる、金曜日に行われるアルゼンチン戦に勝たなければならない。

  • Argentina World Cup Rankings GFX

    5位:アルゼンチン(前回3位)

    アルゼンチンはまだ自分たちで解決しているような感じだが、試合を重ねるごとに良くなっているし、リオネル・メッシは個人技で特別なパフォーマンスを見せ始めている。

    バロンドールを7回受賞したメッシは、最後のワールドカップとなるであろうこの大会で、自身初の世界的タイトルを獲得することを決意しているようで、若いチームメイトの中には、メッシの夢達成を手助けするチャンスを喜んでいる者もいるようだ。

    アルビセレステは、準々決勝でオランダを相手に有利にキックオフを迎えるが、一筋縄ではいかないだろう。

  • Portugal World Cup Rankings GFX

    4位:ポルトガル(前回7位)

    クリスティアーノ・ロナウドを攻撃の中心ではなく、インパクトのあるサブとして使うことで、チームがより生き生きと自由にプレーできることを誰が知っているだろうか。

    フェルナンド・サントス監督率いるチームは、ゴンカロ・ラモスのハットトリックを皮切りに、2006年以来となるワールドカップベスト8の座を獲得し、スイスを見事に粉砕した。

    このベンフィカの若者はモロッコ戦で再び戦列をリードすることは間違いなく、このパフォーマンスを維持できれば、ポルトガルは優勝候補になれるだろう。

  • England World Cup Rankings GFX

    3位:イングランド(前回4位)

    イングランドとセネガルとのベスト16の対戦は、机上では難しい対戦と思われたが、序盤の2度の恐怖の後、スリーライオンズは結局アフリカの王者を相手に楽勝で勝ち進んだ。

    ジュード・ベリンガムは、世界最高の中盤の才能を証明し続け、ハリー・ケインは、グループステージで無得点に終わった後、マークから外れている。

    準々決勝のフランス戦は、ガレス・サウスゲート監督就任以来、最も難しい大会であることは間違いないが、ワールドカップ得点王がディフェンディングチャンピオンに直面しても、臆することはないだろう。

  • France World Cup Rankings GFX

    2位:フランス(前回2位)

    フランスはキリアン・エンバペだけでなく、パリ・サンジェルマンのセンセーションが、またしても超個性的なパフォーマンスを披露し、レ・ブルーの報道を独占している。

    エンバペは4試合で5得点を挙げ、大会ゴールデンブーツの最有力候補に挙げられており、その勢いはとどまるところを知らない。

    このままいけば、ディディエ・デシャンのチームは2018年に獲得した栄冠を守る可能性が十分にある。

  • Brazil World Cup Rankings GFX

    1位:ブラジル(前回1位)

    韓国はほとんど抵抗しなかったが、ブラジルが月曜日に見せた前半のプレーは、おそらく24時間後にポルトガルが暴れるまで、今大会で最も印象的なものだった。

    ブラジルは自由自在に攻撃を展開し、他の国々はノックアウトステージでブラジルと対戦することに震え上がったことだろう。

    チッチ監督率いるチームは、準々決勝でクロアチアを撃破するのに十分すぎるほどの力を発揮し、6度目の世界制覇を目前に控えている。

  • docomo winner campaign 1021

    ワールドカップはスポーツくじ「WINNER」の予想対象!

    11月21日(月)に開幕するカタール・ワールドカップ2022は、スポーツくじ「WINNER」の対象となる。購入は11/7(月)午前8時から可能となる。

    「全64試合の1試合予想」や、「優勝予想」、「日本代表の成績予想」などがラインアップに揃う。

    「WINNER」を販売するドコモスポーツくじでは、2022年12月18日(日)までの期間中にエントリー&新規利用登録を行うと、WINNER・toto・BIGに使えるくじ1口分クーポンをプレゼントしている。

    利用登録はカンタン。以下の3ステップだけでくじ購入が可能だ。

    1. ドコモスポーツくじ・キャンペーンページへアクセス
    2. dアカウントを作成[お持ちの方はログイン]
    3. 決済方法など必要情報を入力して登録完了!

    ▶【ワールドカップも対象!】WINNERをドコモスポーツくじで購入!お得なキャンペーン実施中

    ※19歳未満の方のスポーツくじ購入や譲り受けは法律で禁じられています。払戻金も受け取ることはできません。19歳未満と知りながら販売した場合には、罰則が科せられます。

  • WorldCup_docomo_GFX_1920-1080