ニュース 試合速報・結果
ラ リーガ

バルセロナがルカクをリストアップか…ハーランド&レヴァンドフスキ獲得失敗の"プランC"で白羽の矢

12:30 JST 2022/04/30
Romelu-Lukaku
【欧州・海外サッカー ニュース&移籍情報】チェルシー(プレミアリーグ)FWロメル・ルカクの移籍の噂について報道。

新たなストライカーを求めるバルセロナが、新たな候補をリストアップしたようだ。

バルセロナは、今夏のトップターゲットであるアーリング・ハーランドとロベルト・レヴァンドフスキの交渉が複雑化し、2人のどちらかを確保できる可能性は非常に低い判断したことで、チェルシーのロメル・ルカクを獲得候補に加えたと『MARCA』が報じた。

ハーランドはバルセロナに加え、マンチェスター・シティとレアル・マドリー、バイエルン・ミュンヘンらと争奪戦を行っていると伝えられている。しかし、バルセロナは獲得に必要な移籍金、手数料、代理人手数料などの金額を支払う余裕がないとのこと。

また、レヴァンドフスキについては、バイエルンが同選手を移籍不可能とすることを明確に宣言している。バイエルンは契約延長を望んでいるが、合意が得られない場合、もう1年引き留め、契約満了となる2023年に退団させたい模様。

この苦境に直面したバルセロナのスポーツ部門は、プランCを打ち出す準備を始め、チェルシーで苦境の続くルカクに白羽の矢が立ったようだ。

昨夏チェルシーに復帰したルカクは、今季全試合で12得点にとどまり、期待されたパフォーマンスを発揮できていない。しかし、インテルでの過去2シーズンは95試合で64ゴールを記録しており、バルセロナは今季の不調は不安要素にしていないと考えている。

バルセロナのスポーツ部門は、ルカクと契約する可能性を探るために、すでに選手の代理人であるフェデリコ・パストレッロ氏と面会済み。しかし、チェルシー加入1年目であることから、移籍金が不透明な状況。財政状況が厳しいバルセロナにとって、複雑な取引になると予想されている。

現在までのところ、同選手に対する具体的な動きはないようだ。両クラブとも状況は把握しており、チェルシーは新オーナーが決まって以降、選手に対してどのような意向を持っているのかを見極るつもりだと伝えられている。

一方、バルセロナは、どこまで選手獲得に踏み切れるか、資金を捻出することに時間を作らなければならない状況。現在ローンに出されているフィリペ・コウチーニョやミラレム・ピャニッチ、フランシスコ・トリンコンなどの選手の将来を解決しなければ、給与面での負担がクリア出来ないと『MARCA』は主張している。