ニュース ライブスコア
明治安田生命J1リーグ

ミシャ札幌、黒星発進も不安は皆無。浦和戦で期待の新戦力が複数先発入りも

12:18 JST 2019/03/01
sapporo.jpg

明治安田生命J1リーグは3月1日から2日にかけて第2節の9試合が行われる。開幕黒星スタートとなった北海道コンサドーレ札幌は、2日に敵地で浦和レッズと対戦。注目は複数新戦力の起用があるかどうか。鈴木武蔵、ルーカス・フェルナンデスといった期待の新顔が先発入りする可能性は?【文=斉藤宏則】

■開幕黒星も不安を持つ必要はない

昨季、ミシャことミハイロ・ペトロヴィッチ監督が就任し、堅守速攻型のチームに攻撃的なマインドを徹底注入した北海道コンサドーレ札幌。それによって選手たちが躍動し、チームの成績もうなぎ上りとなり、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場へあと一歩に迫る4位でシーズンを終えた。

この順位はクラブ史上最高のものであり、J1で2年連続残留を果たしたのも初めてのこと。ミシャ監督の見事な手腕によって札幌は新たな歴史を刻んだのだった。

この2019年シーズンを戦うにあたってミシャ監督は、「昨季は選手がよく頑張ってくれた。我々が4位になるとは誰も予想していなかったことでしょう。でも、躍進をしたからといって満足していいはずがありません。さらに上を目指していく必要があります」と4位を上回るトップ3入りを目標に掲げている。

そして選手たちも「昨年よりも上の成績を目指す」と呼応。リアルに3位以内を狙ってシーズンに挑むこともまた、札幌にとっては初めてのシチュエーションだ。

そうして挑んだ先週末のリーグ開幕戦だったが、残念ながら敵地で湘南に敗戦。0-0で迎えたラスト15分のタイミングで選手交代を施して前に出たが、逆にカウンターから2失点。「非常に痛い敗戦だった」と指揮官も振り返るように、札幌にとっては4年連続の黒星スタートとなってしまった。

もちろん楽観的になれる材料ではないが、開幕戦の黒星をもってして今後に不安を持つ必要はない気がしている。

開幕戦の内容はターンオーバーが頻発し、両エンドを行ったり来たりする展開だった。どちらかの足下にボールが落ち着く時間帯はあまりなく、バタバタと攻守が入れ替わっていた印象だ。

そしてそれは、ところ狭しと走り回る湘南が得意とする展開であり、そこに札幌が引きずり込まれたと言っていいだろう。敗戦を擁護するつもりはないが、どれだけ力のあるチームでも敵地で湘南と戦えば、そういったある種の厄介な試合を強いられるはず。

昨年10月に2-2で引き分けた同カードとも、内容的には似ていた。結果がどちらに転ぶかわからない試合展開のなかで最終的に湘南が勝った、そういう試合だった。スッキリと気持ちを切り替えて、第2節に向かっていって欲しいところである。

■浦和戦は複数新戦力が先発入りか

さて、この浦和戦で注目ポイントに挙げたいのはメンバー選考の部分である。札幌は今オフで昨季の主軸が抜けたこともあり、鈴木武蔵やアンデルソン・ロペス、岩崎悠人、中野嘉大といった前線やサイドの攻撃的な選手を複数招き入れた。どの選手も個性を持った選手であるため、この新シーズンはどういった組み合わせのアタッキングになるのか、非常に興味深いところでもあった。

しかし、開幕戦でスタメンに名を連ねた新戦力はアンデルソン・ロペスただ一人。4位入りを果たした昨季のチームをベースとし、そこにアンデルソン・ロペスが組み込まれるというマイナーチェンジ的なメンバー選考とも言えた。

しかし内容はさておき、その開幕戦に敗れたことや、後半途中にJリーグデビューを果たした新戦力のブラジル人アタッカー、ルーカス・フェルナンデスが鋭いドリブルで右サイドを突破して好機を演出していたこともあり、この試合に向けてはいよいよ複数の新戦力がスタートから起用されるのではないかと予想する。

湘南戦ではアンデルソン・ロペスがスタートポジションを意識しすぎてしまい、攻撃に流動性が出せず、結果的にグループとしての運動量も低下していた。それを改善する意味でも、相手DFラインとの駆け引きでスペースを作り出せる鈴木武蔵と併用する可能性も考えられるし、サイドから内側へと入り込める中野嘉大を左ウイングバックに起用して昨年までの札幌のそれとは異なるニュアンスのサイドアタックで浦和の守備を揺さぶるのかもしれない。

いずれにせよ、この第2節も開幕戦同様にまだまだフレッシュな要素がふんだんに残されている試合。観戦者それぞれがいろんなメンバー予想を立て、答え合わせを楽しめることだろう。

また、ミシャ監督にとっては埼玉スタジアム2002はかつてのホームスタジアム。果たしてどういったマネジメントで2019年最初の勝点3を奪いにいくのか、興味は尽きない。

文=斉藤宏則

● 浦和視点プレビューはこちら

注目の一戦!オリヴェイラ・レッズvsミシャ・コンサドーレをDAZNで観よう。

『浦和vs札幌』観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)が「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
新時代の幕開けだ!2019 Jリーグ開幕特集
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|2019シーズン開幕前に知っておくと得する4つのこと
白熱のJリーグ!2019シーズンの展望|優勝候補や得点王候補など