ニュース 試合速報・結果
Winners & losers

ベリンガムはやはり特別!大勝したイングランド代表の選手採点

7:07 JST 2022/11/22
Saka Bellingham Sterling England GFX
ブカヨ・サカ、ラヒーム・スターリング、マーカス・ラッシュフォード、ジャック・グリーリッシュも得点を挙げ、カタールで6-2の勝利を収めた。

準備が完璧でなかった。最近の成績も良くはなかった。それでもイングランドは、月曜日の午後、風の強いカリファ国際競技場でイランを6-2で破り、ワールドカップを最高の方法でスタートさせた。

GOALでは、イングランドの夢のようなスタートの勝者と敗者を紹介する。

  • Bukayo Saka England 2022

    勝者

    ドルトムントの銀行口座

    ドルトムントはこの試合をどんなに楽しんだことだろう。まず、自クラブの選手が国際試合で初ゴールを決め、イングランドの熱狂的なファンから「ヘイ・ジュード」の祝福を受けたことだ。そして、おそらくもっと重要なことは、ジュード・ベリンガムが昔ながらの9番にふさわしい、打点の高いヘディングシュートを決めたことで、自分の要求額にさらに数百万円上乗せされたことを知ったことだろう。ドルトムントは、このイングランド代表MFが来夏にチームを去ることを承知している。悲しいことだが、避けられないことだ。ベリンガムはヨーロッパのエリートクラブと契約する運命にあった。今シーズンのチャンピオンズリーグのグループステージで、彼はそのことを強く印象づけた。しかし、ワールドカップはさらに壮大な舞台である。1か月の間だけ輝き、最終的に巨額の報酬を手にする選手もいるベリンガムのような10代の天才を獲得するためなら、いくらでも値段をつけることができる。この少年は世代を超えた才能の持ち主なのだ。

    サウスゲートのメンバー選考

    2失点を喫したことへの懸念はあるだろうが、素晴らしいスタートを切った。統計的に言えば、サウスゲートはサー・アルフ・ラムゼイ以来、どの監督よりもスリーライオンズで良い仕事をしているが、彼には批判者がいる。特に、昨夏のEURO 2020決勝でイタリアに敗れて以来、経費節減の疑惑が絶えず、今年のネーションズリーグの惨憺たる戦いぶりでその疑惑はさらに強まった。だから、イングランドは開幕戦に勝つと予想されていたものの、サウスゲート監督には正しい選択をすること、素晴らしい選手たちのベストを引き出すことができると証明することがプレッシャーになっていた。そして、月曜日、彼はそれを実行した。フィル・フォーデンに代わって選ばれたブカヨ・サカが2ゴールを決め、サウスゲートの大抜擢が報われたのである。夏にマンチェスター・シティからチェルシーに移籍して以来、苦戦していたラヒーム・スターリングが、大舞台が好きなことを改めて証明したことも、サウスゲートの選択の正当性を高めた。

    ブカヨ・サカ

    アーセナルの選手が特別に称賛されるのは当然だろう。ワールドカップデビュー戦で2ゴールを決めたのは、フランツ・ベッケンバウアー以来、最年少の選手なのだ。サウスゲート監督は間違いなく、サカに信頼を寄せているのだから称賛に値する。しかし、サカは結果を出さなければならない存在であり、彼はセンセーショナルな形でそれを成し遂げたのである。最初のゴールは強烈なボレーシュートで、2点目は美しいジャンプの後、きれいに決まった。今シーズン、ゴールとアシストという点ではまずまずの結果を残しているが、エミレーツでは、サカはまだこれほどではなかった。その点、サカは完璧なタイミングを選んだといえるだろう。

  • Alireza Beiranvand Iran 2022

    敗者

    脳震盪のプロトコル

    FIFAのルールは明確で、選手に脳震盪の兆候が見られたら、フィールドから退場させなければならない。では、チームメイトのマジド・ホセイニと衝突して頭部を負傷したアリレザ・ベイランバンドは、一体どうやって短時間の試合続行を許されたのだろうか? スタジアムにいた誰もが、このGKは足元が不安定でプレーできる状態でないことはわかっていた。スタンドには同情だけでなく、怒りにも似た困惑が広がっていた。脳震盪のプロトコルの施行について、重大な疑問が投げかけられる必要がある。とりわけ、イランの1番を続行させる決定を下したのは誰なのか。サッカー界には、頭部外傷への対応に重大な問題があることは、以前から明らかだった。この事実は、月曜日の午後、サッカー界の大舞台で痛烈に打ちのめされた。このような過失が致命的となってしまってからでは遅いのだ。

    OneLove

    スタジアムのメディア用入口には、キックオフの4時間前から大行列ができていた。表向きはイングランドとイランの対戦を見るためだが、主な目的は、ある男性グループが腕章をつけられるかどうかを確認するためだ。それは、避けられない真実である。この試合への準備は、FIFAと、イングランドを含むいくつかのヨーロッパのサッカー協会が、LGBTQ+コミュニティへの小さな連帯をめぐって起こした恥ずべきばかげた論争によって、完全に影を潜めてしまったのだ。FIFAは試合当日の朝、イングランドと他の6チームが『OneLove』の腕章を着用することを許可しないと明言し、彼らの思い通りになったのだ。FIFAが批判の矢面に立たされるのは当然だが、関係するすべてのFAが批判を免れることはないだろう。そして、選手たちも同様だ。FIFAにハッタリをかまし、各キャプテンに腕章をつけさせ、試合を茶番にするよう啖呵を切ることもできたはずだ。それどころか、彼らは引き下がった。そして、難しいけれども、ずっと遅れていた会話を引き起こす真の機会を逸してしまった。とはいえ、ここカタールにいる誰もが、サッカーは転換期を迎えており、抜本的な改革か完全な崩壊か、どちらにも転ぶ可能性があるという思いを抱き続けている。

  • Harry Maguire England 2022

    イングランド守備陣採点

    ジョーダン・ピックフォード(7/10)

    イランのゴール後にキックアウトを受け、ボールを拾い上げる以外、ほとんど何もしなかった。しかし、終了間際にメフディ・トラビが放ったシュートを見事に止めた。

    キーラン・トリッピアー(7/10)

    常に前へ前へと押し出し、何度か適切なパスを送った。堅実なプレーだった。トレント・アレクサンダー=アーノルドを先発させようという動きはないだろう。

    ジョン・ストーンズ(6/10)

    ゲームの大半でプレッシャーを受けず、典型的な整然としたプレーを見せた。しかし、後半にタレミに決められたPKを与えてしまった。

    ハリー・マグワイア(6/10)

    セットプレーで前に出るたびに相手の混乱を招き、サカのゴールをアシストしたが、タレミの不意を突かれ、頭部を負傷して退場した。

    ルーク・ショー(8/10)

    ウイングバックとして効果的にプレーすることができ、とても楽しめた。ベリンガムのゴールにつながる見事なクロスを上げた。

  • Declan Rice England 2022

    中盤採点

    ジュード・ベリンガム(8/10)

    一流のパフォーマンス。まだ子供なのに、まるでワールドカップに4回出場したかのようなプレーを見せた。ヘディングシュートを決めたことで、彼は本当にすべてができることが証明された。

    デクラン・ライス(6/10)

    要求されたことを正確にこなし、ポゼッションを支え、ほとんどをうまくパスした。

  • Raheem Sterling England 2022

    攻撃陣採点

    ブカヨ・サカ(9/10

    非常にエキサイティングな若手選手で、質の高い2ゴールを決めた。

    メイソン・マウント(6/10)

    何度か惜しい場面を作ったが、ゴールやアシストには結びつかなかった。

    ラヒーム・スターリング(8/10

    以前の彼のように活気があり、ゴールも決めた。

    ハリー・ケイン(7/10)

    ほとんどチャンスは得られなかったが、彼はオールラウンドな才能の持ち主であり、2ゴールを生み出し、大勝に貢献した。

  • Gareth Southgate England 2022

    交代&監督採点

    エリック・ダイアー(6/10)

    マグワイアに代わって出場したが、ほとんど出番はなかった。

    マーカス・ラッシュフォード(8/10)

    なんというインパクトだったのか。サカと交代して数秒後にゴールを決め、アタッキングサードでは常に脅威となった。

    フィル・フォーデン(6/10)

    綺麗なタッチを見せたが、存在感を示すには時間が足りなかった。

    ジャック・グリーリッシュ(7/10)

    スターリングと交代で出場し、最もシンプルなフィニッシュでゴールを決めた。

    カラム・ウィルソン(7/10)

    スルーパスに抜け出した後、自らゴールを狙うこともできたが、無欲でグリーリッシュにタップインを許した。

    ガレス・サウスゲート(8/10)

    文脈が重要であることは明らか。相手の質は高くはなかった。しかし、サウスゲートは全てのビッグコールを的確に行った。

    ▶【dポイントが貯まる・使える】ドコモスポーツくじでWINNER予想!今なら1口200円のクーポンをプレゼント