欧州サッカー|2020-21最新得点ランキング|プレミアリーグ、ラ・リーガ、ブンデスリーガ、セリエA、リーグ・アン

最終更新
Getty/Goal composite

2020-21シーズンのゴールデンシュー争奪戦はすでに始まっている。ヨーロッパ中のストライカー達がゴールを稼ぎ、大陸ナンバーワンの座を射止めようとしている。

ラツィオのチーロ・インモービレは2019-20シーズンに絶賛を浴びた。ポイントでロベルト・レヴァンドフスキ、クリスティアーノ・ロナウド、ティモ・ヴェルナー、リオネル・メッシらをおさえてゴールデンシューを獲得した。

確かに、これまで通りの面々が得点王争いのトップ集団に位置しているが、アーリンク・ハーランド、モハメド・サラー、そしてミランで最盛期を彷彿とされる活躍を見せるズラタン・イブラヒモヴィッチのような他の有力候補達もひしめき合っている。

レースは現在進行中ではあるが、『Goal』はヨーロッパのトップリーグで2020-21シーズンのトップスコアラーたちをまとめた。

※プレミアリーグ、ラ・リーガ、ブンデスリーガ、セリエA、リーグ・アンの所属選手に限って掲載。

▶欧州サッカーが1番見られるのはDAZNで!お得な無料トライアルはこちらをクリック

  1. Iago Aspas, Celta vs. Osasuna
    Getty

    イアゴ・アスパス|14ゴール(28)

    所属クラブ:セルタ(スペイン)

    ベテランフォワード、イアゴ・アスパスはゴール数こそ減少傾向にあるものの、このスペイン代表FWはセルタ・デ・ビーゴで2桁のスコアを記録している。

  2. Lars Stindl Werder Bremen Borussia Monchengladbach Bundesliga 22052022
    Getty Images

    ラース・シュティンドル|14ゴール(28)

    所属クラブ:ボルシアMG(ドイツ)

    ベテランストライカー、ラース・シュティンドルは、ボルシアMGで史上最高のシーズンに向け突き進んでおり、実際、彼のキャリアの中で最高の日々を送っている。

  3. Ollie Watkins Jack Grealish Tottenham vs Aston Villa Premier League 2020-21
    Getty Images

    オリー・ワトキンス|14ゴール(28)

    所属クラブ:アストン・ヴィラ(イングランド)

    アストン・ヴィラのストライカー、オリー・ワトキンスはプレミアリーグで印象的なデビューシーズンを過ごしており、イングランド代表としてEURO2020への出場を目指している。

  4. Moffi Terem
    Getty

    テレム・モフィ|14ゴール(28)

    所属クラブ:ロリアン(フランス)

    ロリアンは今シーズン、リーグ・アンからの降格を回避するという困難な課題に直面しており、テレム・モフィのゴールはその追求において非常に重要だ。モフィはまだ21歳だが、得点ランキングのいくつかの輝かしいビッグネームらに遅れを取っていない。

  5. Boulaye Dia Reims 2020-21
    Getty

    ブライユ・ディア|14ゴール(28)

    所属クラブ:スタッド・ランス(フランス)

    2019-20シーズンにおいて、ランスの中心選手としての地位を確立したブライユ・ディア。自身最高のシーズンをクラブで過ごしており、10点台後半の得点数を狙っていきたい。

  6. Andy Delort Montpellier Angers Ligue 1 20092020
    Getty

    アンディ・ドゥロール|14ゴール(28)

    所属クラブ:モンペリエ(フランス)

    アルジェリア代表のアンディ・ドゥロールはモンペリエのキープレーヤーだ。

    トゥールーズからモンペリエに移籍して以来、ドゥロールは劇的に改善し、ゴール数でキャリアハイに到達することを目指している。

  7. Jamie Vardy Leicester 2021
    Getty

    ジェイミー・ヴァーディ|15ゴール(30)

    所属クラブ:レスター(イングランド)

    トッテナムとのプレミアリーグ最終節で2ゴールをあげたヴァーディは、シーズン15ゴール目をマークした。

  8. Gaetan Laborde Montpellier Marseille Ligue 1 04112018
    Getty

    ガエタン・ラボルド|15ゴール(30)

    所属クラブ:モンペリエ(フランス)

    2018年からモンペリエに所属するガエタン・ラボルドは今季、リーグ・アンで印象的なプレーを見せている。

    モンペリエの10番がシーズン後半戦でどこまでゴールを量産するのか注目だ。

  9. Duvan Zapata Atalanta 2020-21
    Getty

    ドゥバン・サパタ|15ゴール(30)

    所属クラブ:アタランタ(イタリア)

    コロンビア代表のドゥバン・サパタは、アタランタに加入して以来、まったく減速の兆しを見せていない。ルイス・ムリエルとのコンビネーションでゴールを奪い続けている。

  10. Burak Yilmaz Lille Goal Celebration vs. Lyon 04/25/21
    Getty Images

    ブラク・ユルマズ|15ゴール(30)

    所属クラブ:リール(フランス)

    トルコ代表のベテラン、ブラク・ユルマズは2020年にベシクタシュからリールに移籍して以来、好調を維持。パワフルなフロントマンであるユルマズはこれまでの長いキャリアの中で、特にガラタサライ、北京国安、トラブゾンスポルで多く得点してきた。

  11. Zlatan Ibrahimovic AC Milan 2020-21
    Getty

    ズラタン・イブラヒモヴィッチ|15ゴール(30)

    所属クラブ:ミラン(イタリア)

    イブラヒモヴィッチは40歳になろうとしているが、この巨大なスウェーデン人はACミランでの最盛期に時を戻そうとしているようだ。ステファノ・ピオリ率いるチームにセリエAのタイトルをもたらすことができるだろうか。

  12. Joao Pedro Cagliari
    Getty

    ジョアン・ペドロ|16ゴール(32)

    所属クラブ:カリアリ(イタリア)

    ブラジル出身のゲームメーカーであるジョアン・ペドロは昨シーズンセリエAで18ゴールを記録。今シーズン序盤の好調を終盤まで維持することができれば、この記録を十分超えることができるだろう。

  13. Ludovic Ajorque - Strasbourg
    Getty Images

    ルドビック・アジョルク|16ゴール(32)

    所属クラブ:ストラスブール(フランス)

    ストラスブールのフォワード、ルドビッチ・アジョルクはリーグ・アンで史上最高のシーズンを過ごしており、ゴールチャートではすでに二桁の数字を記録している。本人もシーズンを通してこのパフォーマンスを継続することを熱望している。

  14. Kevin Volland Monaco Nimes Ligue 1 2911220
    Getty

    ケヴィン・フォラント|16ゴール(32)

    所属クラブ:モナコ(フランス)

    バイヤー・レバークーゼンに所属していたケヴィン・フォラントは、2020-21シーズンにモナコと契約し、リーグ・アンで絶好調。このドイツ代表は常に二桁得点を取り続けているが、これまでのペースで得点すれば今シーズンは自身最多得点を取れるかもしれない。

  15. Sasa Kalajdzic Stuttgart Bundesliga 2020-21
    Getty

    サーシャ・カライジッチ|16ゴール(32)

    所属クラブ:シュツットガルト(ドイツ)

    サーシャ・カライジッチは今シーズン、1部昇格を果たしたシュツットガルトにとって素晴らしい状態にある。

    このオーストリア人長身FWが今後もゴールを量産できれば、シュツットガルトはさらなる上位進出も現実味を帯びてくるだろう。

  16. Dominic Calvert-Lewin Everton
    Getty Images

    ドミニク・カルバート=ルーウィン|16ゴール(32)

    所属クラブ:エヴァートン(イングランド)

    エヴァートンのストライカー、ドミニク・カルバート=ルーウィンは、カルロ・アンチェロッティの指揮下で大変身を遂げ、得点を量産できるストライカーに変貌した。

    遅咲きの選手だと見られているかもしれないが、キャルバート=ルーウィンは比較的若い選手であるし、イングランド代表でハリー・ケインが背負う背番号9に挑戦できる選手であるとクラブは考えている。

  17. Domenico Berardi Sassuolo
    Getty

    ドメニコ・ベラルディ|16ゴール(32)

    所属クラブ:サッスオーロ(イタリア)

    サッスオーロのエースであるドメニコ・ベラルディは、チームにとってキープレーヤーであり、すでに二桁得点を記録。今後もゴール量産の可能性を踏めている。

  18. Patrick Bamford Leeds 2020-21
    Getty

    パトリック・バンフォード|17ゴール(34)

    所属クラブ:リーズ・ユナイテッド(イングランド)

    これほど得点を量産したことはなかったものの、パトリック・バンフォードは非常に速くプレミアリーグ最高峰のストライカーに成長した。マルセロ・ビエルサ監督のおかげによるところは小さくない。

  19. Lautaro Martinez Inter 2020-21
    Getty

    ラウタロ・マルティネス|17ゴール(34)

    所属クラブ:インテル(イタリア)

    バルセロナが狙っているというラウタロ・マルティネス。インテルでロメル・ルカクと恐ろしいほどの連携を見せているが、ゴールデンシューズ争いではチームメイトとの全面対決になるだろう。

  20. Alexander Isak Real Sociedad 13022020
    Getty

    アレクサンデル・イサク|17ゴール(34)

    所属クラブ:レアル・ソシエダ(スペイン)

    ズラタン・イブラヒモヴィッチ二世との呼び声も高いスウェーデンの新星、アレクサンデル・イサク。若くして注目を浴びてきたストライカーは2019年から所属するレアル・ソシエダでそのポテンシャルの高さを証明している。

  21. Son Heung-min Tottenham 2020-21
    Getty

    ソン・フンミン|17ゴール(34)

    所属クラブ:トッテナム(イングランド)

    韓国のスター、ソン・フンミンは、トッテナムにおけるキーマンだ。ソン・フンミンとハリー・ケインの関係性で二人はゴールを量産し続けている。

  22. En-Nesyri Rennes Sevilla Champions League
    Getty Images

    ユセフ・エン=ネシリ|18ゴール(36)

    所属クラブ:セビージャ(スペイン)

    モロッコ代表のユセフ・エン=ネシリは今シーズン、セビージャで好調を維持しており、すでに二桁得点をマークしている。

  23. Bruno Fernandes, Man Utd, Premier League 2020-21
    Getty

    ブルーノ・フェルナンデス|18ゴール(36)

    所属クラブ:マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)

    ブルーノ・フェルナンデスはマンチェスター・ユナイテッドに新鮮な空気を送り込んでいる。この攻撃的MFはレッドデビルズの好プレーの中心だ。味方へのアシストだけでなく自身も得点力があり、メインのPKキッカーでもあるため、シーズン中ずっとゴールを奪いつづけることができるはずだ。

  24. Lorenzo Insigne Udinese Napoli
    Getty Images

    ロレンツォ・インシーニェ|19ゴール(38)

    所属クラブ:ナポリ(イタリア)

    インシーニェは、ナポリでより多くの期待をかけられており、その期待に応えるべく着実にゴールを積み重ねている。

    2016-17シーズンの18ゴールに到達。キャリアハイのシーズンを過ごしている。

  25. Wissam Ben Yedder Montpellier Monaco Ligue 1 15012020
    Getty

    ウィサム・ベン・イェデル|20ゴール(40)

    セビージャからモナコに加入したベン・イェデルは現在、クラブキャプテンを務める。

    彼は昨シーズン、20ゴールをわずかに下回ったが、今季は到達する可能性が非常に高いはずだ。

  26. Memphis Depay Lyon Ligue 1 04102020
    Getty

    メンフィス・デパイ|20ゴール(40)

    所属クラブ:リヨン(フランス)

    オランダ代表のデパイは全盛期を迎えており、自身最高のリーグ・アン19ゴールを達成する勢いだ。

    ゴール前での能力はバルセロナから注目されるほどだ。クラブはこのオランダ人をカタルーニャに連れて行こうと熱心になっているそうだ。

  27. Simy Crotone Torino
    Getty Images

    シメオン・ヌワンコ|20ゴール(40)

    所属クラブ:クロトーネ(イタリア)

    “シミー”ことシメオン・ヌワンコはクロトーネがセリエAで生き残るためのキーマンだ。

    3月のラツィオ戦ではチームは敗れたものの、2ゴールを挙げている。

  28. Immobile Lazio Serie A
    Getty

    チーロ・インモービレ|20ゴール(40)

    所属クラブ:ラツィオ(イタリア)

    昨シーズンのゴールデンシューズ受賞者は今年もラツィオで脅威となっており、今シーズンも早々に二桁得点を達成してみせた。

  29. Andrej Kramaric, Hoffenheim
    Getty

    アンドレイ・クラマリッチ|20ゴール(40)

    所属クラブ:ホッフェンハイム(ドイツ)

    クロアチア代表のクラマリッチは今季、すでに二桁得点を記録している。新型コロナウイルスに感染し、離脱を余儀なくされたものの、復帰後は好調を維持し続けている。

  30. WOUT WEGHORST WOLFSBURG GERMAN CUP DFB POKAL 23122020
    Getty Images

    ボウト・ベグホルスト|20ゴール(40)

    所属クラブ:ヴォルフスブルク(ドイツ)

    長身FWボウト・ベグホルストは2018年の加入以来、ブンデスリーガの中でも最もコンスタントに得点を挙げてきた。そして今シーズンは自身のベストシーズンになろうとしている。

  31. Dusan Vlahovic Fiorentina
    Getty Images

    ドゥシャン・ヴラホヴィッチ|21ゴール(42)

    所属クラブ:フィオレンティーナ(イタリア)

    21歳ながら今季セリエAにおいてハイペースでゴールを決め続けているセルビア出身のドゥシャン・ヴラホヴィッチ。フィオレンティーナで9番を背負う大型ストライカーは、憧れと公言するミランのズラタン・イブラヒモヴィッチとの共演も果たしている。

  32. Luis Suarez, Atletico Madrid
    Getty

    ルイス・スアレス|21ゴール(42)

    所属クラブ:アトレティコ・マドリー(スペイン)

    30代に突入したルイス・スアレスだが、ラ・リーガ最高クラスのストライカーであることには変わりなく、アトレティコ・マドリーでもゴールネットを揺らし続けている。

  33. Mohamed Salah, Liverpool 2020-21
    Getty

    モハメド・サラー|22ゴール(44)

    所属クラブ:リヴァプール(イングランド)

    リヴァプールのエース、モハメド・サラーは最近サディオ・マネと得点を分け合わざるを得ない格好になっているが、このエジプト人は依然として脅威であり続けている。今シーズンはレッズのリーグ100ゴール突破を目指したい。

  34. Luis Muriel Atalanta 2021
    Getty Images

    ルイス・ムリエル|22ゴール(44)

    所属クラブ:アタランタ(イタリア)

    コロンビア代表のルイス・ムリエルは昨シーズンセリエAで18ゴールを記録。今年もアタランタの中心選手となっている。ジャン・ピエロ・ガスペリーニのエネルギッシュなシステムで大活躍を見せている。

  35. Harry Kane, Tottenham 2020-21
    Getty

    ハリー・ケイン|23ゴール(46)

    所属クラブ:トッテナム(イングランド)

    2014年から2018年の間は思いのままに得点を重ねてきたように見えたが、トッテナムのハリー・ケインはここ2シーズンで20得点を割り込んでしまった。

    しかし、このイングランドのスターはゴール前では脅威であり続けている。もしこのまま怪我なくシーズンを過ごすことができれば、自ずとゴールデンシューに近づけるはずだ。

  36. Karim Benzema, Real Madrid
    Getty

    カリム・ベンゼマ|23ゴール(46)

    所属クラブ:レアル・マドリー(スペイン)

    カリム・ベンゼマは、不調に喘ぐ今季のレアル・マドリーにおいて、より重要な存在となっている。アトレティコ・マドリー、バルセロナとの優勝争いを演じるジネディーヌ・ジダンのチームで、一際輝きを放っている。

  37. Gerard Moreno Villarreal 22 12 2020
    Getty Images

    ジェラール・モレノ|23ゴール(46)

    所属クラブ:ビジャレアル(スペイン)

    ビジャレアルのジェラール・モレノは2020-21シーズンも好調だ。昨シーズンはラ・リーガで18ゴールを記録し、自信に満ちあふれている。

    このスペイン代表はイエロー・サブマリンの中心だ。11月にはレアル・マドリーを相手に重要なゴールを挙げ、勝ち点を確保。負傷で一時離脱したが、復帰以降は驚異的なペースで得点をマークし続けている。

  38. Romelu Lukaku Inter 2020-21
    Getty

    ロメル・ルカク|24ゴール(48)

    所属クラブ:インテル(イタリア)

    ロメル・ルカクはインテルで輝きを放ち続けており、クラブにとって彼が価値あるプレイヤーであることは、自身のクラブでの得点がはや50得点に達したことからも明確だ。インテルの11年ぶりスクデット獲得に大きく貢献したのは言うまでもない。

    要した試合数はクラブのレジェンドであるロナウドよりも数試合少ない。このベルギー代表は自身のことを世界のストライカーで5本の指に入ると考えているため、ゴールデンシューを獲得してその主張を裏付けたい。

  39. Mbappe PSG 2020
    Getty

    キリアン・ムバッペ|26ゴール(52)

    所属クラブ:PSG(フランス)

    キリアン・ムバッペにとって、怪我とコロナ禍がゴール数に大きな影響を及ぼした昨シーズンだった。しかし2020-21シーズンはパリ・サンジェルマンですばらしい活躍を見せている。

  40. Erling Haaland Dortmund 2020-21
    Getty Images

    アーリンク・ハーランド|27ゴール(54)

    所属クラブ:ドルトムント(ドイツ)

    昨シーズン後半戦からドルトムントに合流したアーリンク・ハーランドであったが、ブンデスリーガへステップアップできるだけの才能があるかどうか疑う声もあった。しかしハーランドの能力は絶え間なく上がり続けている。実際、これまでのゴールは、彼がさらにレベルアップを果たした証拠だ。

  41. andre silva eintracht frankfurt celebration goal
    Getty Images

    アンドレ・シルバ|28ゴール(56)

    所属クラブ:フランクフルト(ドイツ)

    アンドレ・シルバはACミランやセビージャでは期待に応えようと苦しんでいたが、どうやらブンデスリーガで活路を見出したようだ。アイントラハト・フランクフルトの主砲の一人として活躍している。

  42. Cristiano Ronaldo, Juventus, Champions League 2020-21
    Getty

    クリスティアーノ・ロナウド|29ゴール(58)

    所属クラブ:ユヴェントス(イタリア)

    昨シーズンは序盤の低調な滑り出しが原因でゴールデンブーツは大変な試練となってしまった。一方今年は、コロナウイルスに感染し短期間の隔離を余儀なくされたものの、それでも序盤から得点を量産している。2014-15年以来となるこの個人タイトルを手にしたいところだ。

  43. Lionel Messi Barcelona 2020-21
    Getty Images

    リオネル・メッシ|30ゴール(60)

    所属クラブ:バルセロナ(スペイン)

    歴史上最高クラスのストライカーであるリオネル・メッシだが、2020-21シーズンの走り出しは低調であった。しかし、シーズン後半からは復調の気配を見せている。

  44. Robert Lewandowski, Bayern Munich, Bundesliga 2020-21
    Getty

    ロベルト・レヴァンドフスキ|41ゴール(82)

    所属クラブ:バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)

    バイエルン・ミュンヘンを守護するロベルト・レヴァンドフスキは、ここ最近何年にも渡って世界最高クラスのストライカーであり続けている。もう30代半ばに突入するが、それでもコンスタントにゴールネットを揺らし続けている。

    5月の時点で40ゴール超えを達成。その勢いはとどまるところを知らない。