【最新】バロンドール2021の有力候補ランキング|サラーの受賞はありうるのか?

最終更新
Getty/GOAL

2020年に中止となったバロンドール。今年は復活が予想されており、サッカー界最大の栄誉に輝くのはどの選手か注目が集まっている。

賞が授与されるのは11月29日だが、誰が選ばれ、誰が選ばれないのかを決定するには、これまでのパフォーマンスがカギとなる。先日には候補者30名が発表されたが、ネーションズリーグが終了したいま、世界のトップ選手たちのここまでを振り返る。

これまでの実績と予測を元に、今年のレースで誰が有力候補なのか、『Goal』では独自に予想していく。

  1. Lautaro Martinez Ballon d'Or Rankings GFX
    Getty/Goal

    ラウタロ・マルティネス(インテル)

    直近: 20位
    2021年: 24ゴール7アシスト。セリエA、コパ・アメリカ制覇

    シーズン序盤の快進撃から一転、ここ2、3試合はゴールが途絶えている。

  2. Nicolo Barella Ballon d'Or Rankings GFX
    Getty/Goal

    ニコロ・バレッラ(インテル)

    直近: 14位
    2021年: 6ゴール13アシスト。セリエA、EURO2020制覇

    バレッラは注目されていない候補者の一人で、ここ数週間でゴールとアシストの数が減り始める前から、真の候補者の一人になるとは考えられなかった。

  3. Neymar Ballon d'Or Rankings GFX
    Getty/Goal

    ネイマール(パリ・サンジェルマン)

    直近: 17位
    2021年: 17ゴール18アシスト。クープ・ドゥ・フランス、トロフェ・デ・シャンピオン制覇

    今年、ネイマールがPSGで親友のリオネル・メッシと再会することで盛り上がりを見せたが、ブラジル代表は2021-22シーズンに向けて苦戦を強いられており、今季のリーグ・アンではPKによる1ゴールしか挙げられていない。

  4. Harry Kane Ballon d'Or Rankings GFX
    Getty/Goal

    ハリー・ケイン(トッテナム)

    直近: 16位
    2021年: 40ゴール7アシスト

    2020-21シーズンの長い戦いによる疲れなのか、それともマンチェスター・シティに移籍したことによる失望なのか、トッテナムのケインにはまだ何かが足りないようだ。ウェストハム戦では、ミハイル・アントニオのシュートにつながったコーナーをカットすることができず、勝ち越しゴールの原因にもなった。

  5. Giorgio Chiellini Ballon d'Or Rankings GFX
    Getty/Goal

    ジョルジョ・キエッリーニ(ユヴェントス)

    直近: 12位
    2021年: 2アシスト、10クリーンシート。EURO2020、コッパ・イタリア、スーペルコッパ・イタリアーナ制覇

    キエッリーニはユヴェントスではもうレギュラーではないので、バロンドールの候補になるのはこれが最後になるだろう。しかし、EURO2020での彼のパフォーマンスが、今年の評価に値するものであったことは間違いない。

  6. Mason Mount Ballon d'Or Rankings GFX
    Getty/Goal

    メイソン・マウント(チェルシー)

    直近: 15位
    2021年: 12ゴール8アシスト。チャンピオンズリーグ、スーパーカップ制覇

    ノリッジ戦でハットトリックを達成したマウントは、チェルシーのミッドフィルダーの能力をタイムリーに思い出させてくれたが、今シーズンのイングランド代表は静かなスタートを切っていた。チェルシーのチャンピオンズリーグ制覇に貢献したマウントは、EURO2020でのプレー時間と相まって、2021年の復帰に向けてフォーデンよりも優位に立っている。

  7. Phil Foden Ballon d'Or Rankings GFX
    Getty/Goal

    フィル・フォーデン(マンチェスター・シティ)

    直近: 19位
    2021年: 16ゴール14アシスト。プレミアリーグ、リーグカップ制覇

    バロンドールレースでは、投票が行われる時点で好調であることは決して悪いことではない。つまり、フォーデンはこの1か月間の優れたパフォーマンスのおかげで、最終的な順位が少し上がるかもしれない。クラブと国のために3つの異なるポジションでプレーしながら、こうしたプレーを見せてくれたことは、マンチェスター・シティの男がいかに特別な才能を持っているかを証明している。

  8. Ruben Dias Ballon d'Or Rankings GFX
    Getty/Goal

    ルベン・ディアス(マンチェスター・シティ)

    直近: 13位
    2021年: 1ゴール2アシスト、27クリーンシート。プレミアリーグ、リーグカップ制覇

    ディアスは、マンチェスター・シティの後方で静かな印象を与え続けている。彼のパフォーマンスは、ヴィルヒル・ファン・ダイクがプレミアリーグのトップセンターバックの座を維持するための戦いを予感させるものだ。

  9. Gianluigi Donnarumma Ballon d'Or Rankings GFX
    Getty/Goal

    ジャンルイジ・ドンナルンマ(PSG)

    直近: 11位
    2021年: 210クリーンシート。EURO2020制覇

    ドンナルンマは現在、PSGですべての試合に先発しているわけではないが、マンチェスター・シティ戦でのパフォーマンスは、このイタリア人ショットストッパーが世界のサッカー界で最高のゴールキーパーになることにいかに近づいているかを思い出させるものだった。

  10. Mohamed Salah Ballon d'Or Rankings GFX
    Getty/Goal

    モハメド・サラー(リヴァプール)

    直近: 18
    2021年: 34ゴール11アシスト

    数週間前までは、サラーがバロンドールの最終ランキングで20位以内に入ることは難しいと思われていたが、シーズンが始まってからの彼の活躍はセンセーショナルなもので、10位以内に入る可能性は十分にある。現在のパフォーマンスから見て、間違いなく世界最高の選手であるエジプト代表は、2022年にサッカー界の究極の個人賞を受賞する候補者として早くも注目を集めている。

    しかし、2021年に彼が優勝することを望む声が高まっているにもかかわらず、それは実現しないだろう。一貫性がなく、トロフィーもないことから、サラーは受賞のチャンスを少なくとも1年は待たなければならない。

  11. Kevin De Bruyne Ballon d'Or Rankings GFX
    Getty/Goal

    ケヴィン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ)

    直近: 10
    2021年: 14ゴール16アシスト。プレミアリーグ、リーグカップ制覇

    デ・ブライネは今季の初期段階ではまだギアを動かしているように感じられるが、2021年から22年にかけて、マン・シティとベルギーのカラーでゴールとアシストの両方を提供することを止めてはいない。

  12. Cristiano Ronaldo Manchester United 2021-22
    Getty Images

    クリスティアーノ・ロナウド(マンチェスター・ユナイテッド)

    直近: 9
    2021年: 43ゴール6アシスト。コッパ・イタリア、スーペルコッパ・イタリアーナ制覇

    チャンピオンズリーグでの後半の勝利はともかく、ロナウドのマンチェスター・ユナイテッドへの復帰は、試合を重ねるごとに論議を呼んでいるようだ。彼がゴール前で今年も素晴らしい活躍をしたことは間違いないが、バロンドール候補の中にCR7の姿を見るのはこれが最後になるのだろうか。

  13. Erling Haaland Ballon d'Or Rankings GFX
    Getty/Goal

    アーリング・ハーランド(ドルトムント)

    直近: 8
    2021年: 43ゴール13アシスト。DFBポカール制覇 

    ドルトムントは、ブンデスリーガでのタイトル獲得を目指しているが、現在ハーランドは負傷によって離脱中。このノルウェー人選手の欠場が長引かないことを願っている。

  14. Romelu Lukaku Ballon d'Or Rankings GFX
    Getty/Goal

    ロメル・ルカク(チェルシー)

    直近: 7
    2021年: 30ゴール8アシスト。セリエA制覇

    ルカクのチェルシーでの生活は、マルメ戦で負ったケガの影響もあって低調なスタートとなり、その素晴らしい2021年も終わりの危機を迎えている。

  15. Karim Benzema Ballon d'Or Rankings GFX
    Getty/Goal

    カリム・ベンゼマ(レアル・マドリー)

    直近: 5
    2021年: 42ゴール14アシスト。ネーションズリーグ制覇

    クラシコでは、ベンゼマは決定的な役割を果たすことはできなかったが、対戦するほとんどのディフェンスに脅威を与え続けている。

    彼の存在は、ワールドカップ連覇を目指すフランス代表でも欠かせない存在になりつつある。

  16. Kylian Mbappe Ballon d'Or Rankings GFX
    Getty/Goal

    キリアン・エンバペ(パリ・サンジェルマン)

    直近: 6
    2021年: 45ゴール22アシスト。ネーションズリーグ、クープ・ドゥ・フランス、トロフェ・デ・シャンピオン制覇

    ネイマールとは異なり、エンバペはPSGでリオネル・メッシと肩を並べて活躍しているようだ。シーズン序盤のエンバペの活躍は、直接ゴールに絡むという意味では自己最高のシーズンとなるだろう。しかし、今年が彼のパルク・デ・プランスでの最後の年になるかどうかは、まだわからない。

  17. N'Golo Kante Ballon d'Or Rankings GFX
    Getty/Goal

    エンゴロ・カンテ(チェルシー)

    直近: 4
    2021年: 1ゴール1アシスト。チャンピオンズリーグ制覇

    2019年のヨーロッパリーグ決勝以降、フランス代表MFカンテはフィットネスに問題を抱えており、ケガの問題が懸念されている。しかし、彼がピッチに立っているときは、傑出したパフォーマーであることに変わりはない。

  18. Jorginho Ballon d'Or Rankings GFX
    Getty/Goal

    ジョルジーニョ(チェルシー)

    直近: 3位
    2021年: 8ゴール3アシスト。EURO2020、チャンピオンズリーグ、UEFAスーパーカップ制覇

    ジョルジーニョは、EURO2020とチャンピオンズリーグの優勝メダルに加えて、ネーションズリーグのタイトルを獲得できなかったが、今年のバロンドールレースで表彰台に上ることは十分に可能である。彼がトップ3に入ったとしても人気のある決定ではないかもしれないが、投票者は必要以上にトロフィーを重視するだろう。

  19. Lewandowski Bayern Benfica 2021
    Getty

    ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)

    直近: 2

    2021年: ゴール10アシスト。ブンデスリーガ、クラブW杯、ドイツ・スーパーカップ制覇

    レヴァンドフスキの年間ゴール数は増え続けており、2021年の間、このポーランド代表が最も安定したハイパフォーマーであるという議論があるのは確かだ。バロンドールの投票者が同意するかどうかを確認するには、あと数週間しかない。

  20. Lionel Messi PSG
    Getty Images

    リオネル・メッシ(パリ・サンジェルマン)

    直近: 1
    2021年: 41ゴール14アシスト。コパ・アメリカ、コパ・デル・レイ制覇

    メッシはリーグ・アンでの初ゴールを待ち続けているが、チャンピオンズリーグではすでに2度、違いを証明しており、最終的にはそのために購入したのだから、このアルゼンチン人がフランスの首都での生活をしっかりとスタートさせたという議論もあるだろう。

    バロンドール2021の受賞者予想については、以下の記事で紹介しているのでぜひこちらもチェックしてみてほしい。

    ▶バロンドール2021の本命・対抗・大穴は?