サカ、スミス=ロウの次は?アルテタを救うかもしれないアーセナルの若手スターたち

アーセナルは、常に若い選手にチャンスを与えることを誇りとするクラブである。

ガナーズには何度も何度も若い選手が登場してきた。現在活躍中のエミール・スミス=ロウやブカヨ・サカもその一人だが、次にユースからエミレーツ・スタジアムで名を成すのは誰だろうか。GOALでは若手のスター候補生たちを紹介する。

  • Charlie Patino Arsenal 2021-22Getty Images

    チャーリー・パティーノ

    アーセナルが高く評価する若手MFは、すでにその実力をファンに見せつけている。

    ここ数年、パティーノへの期待は高まっていた。ヘイルエンドで成長し、彼のパフォーマンスの質は高かったからだ。

    そして、昨シーズンのカラバオ・カップ準々決勝、サンダーランド戦でベンチから登場し、トップチームデビューからわずか10分でゴールを決めて一躍一般ファンの間にも名前を知られるように。この18歳はまだプレミアリーグでプレーしたことはないが、ミケル・アルテタが今後、彼をトップチームの一員として扱う日は遠くないだろう。

    優れたテクニックを持つ上品なミッドフィルダーであるパティーノは、8番としての役割を果たすのがベストだが、中盤の様々なポジションをこなすこともできる。

  • Omari Hutchinson Arsenal

    オマリ・ハッチンソン

    昨シーズン、U-23チームの一員としてゴールを量産したウイング。ハッチンソンは、とんでもなく優れたテクニックとトリックを持ち、スピードも活かしてスペクタクルなプレーを見せてくれる。

    2021-22シーズンの終盤、この18歳は何度かトップチームのベンチ入りしていたが、デビューを果たすまでには至らなかった。

    しかし、アーセナルが彼をレンタル移籍させるのではなく、シーズン前半の間、チームに留めておくことを選択すれば、2022-23シーズンこそそれが実現する可能性がある。

  • Marcelo Flores Arsenal 2021-22Getty Images

    マルセロ・フローレス

    華やかさを愛するアーセナルのヤングスター。フローレスは昨シーズンの早い段階で時間を待たなければならなかったが、U-23チームでようやく印象づける機会を得たことで、飛躍の年を迎えた。

    この攻撃的MFは前線全般でプレーすることができ、ガナーズでのトップデビューはまだだが、メキシコ代表として初のキャップを獲得し、今年のワールドカップで活躍する可能性もある。

    フローレスは、パティーノやハッチンソンと同様、夏のプレシーズンに行われるアメリカ遠征に参加する見込みで、自分の力を発揮することを望んでいるようだ。

    ヨーロッパリーグ・グループステージやカラバオ・カップの序盤戦で試合に出場する可能性もあるため、シーズン前半はレンタルではなくアーセナルに留まると予想される。

  • Lino Sousa Arsenal 2021-22Getty Images

    リノ・ソウザ

    この夏、若い左サイドバックのジョエル・ロペスと新契約を結ばないという決定は、アーセナルファンの間に多くの驚きをもたらした。

    しかし、1月にウェスト・ブロムウィッチから加入したリノ・ソウザのパフォーマンスを見た人は、なぜロペスの退団が許されたのかを理解することができるだろう。

    ソウザは昨シーズン後半、U-23チームで非常に印象的な活躍を見せ、短期間で最もエキサイティングな若手有望株の一人という地位を確立した。

    この17歳の左サイドバックは2022-23シーズン、本格的に活躍することを期待されている。また、ロペスの退団によって、今シーズンのプレミアリーグ2ではほぼすべての試合で先発出場することになるはずである。

  • Brooke Norton-Cuffy Arsenal

    ブルック・ノートン=カフィー

    2022年のアーセナルの奨学生に選ばれたばかりの18歳。ノートン=カフィーは1月にリンカーン・シティにレンタルされ、リーグ1でのパフォーマンスで称賛を集めた。

    この10代の右サイドバックは、プロレベルに見事に適応し、2022-23シーズン前半にアルテタによってチャンスを与えられる可能性がある。

    アーセナルは冨安健洋のバックアップに恵まれておらず、ノートン=カフィーがこのままの調子でいけば、遅かれ早かれセドリック・ソアレスの前に序列が動いたとしても不思議はないだろう。

  • Marquinhos Sao Paulo

    マルキーニョス

    アーセナルは、マルキーニョスがガブリエル・マルティネッリが歩んだのと同じような道を、ノースロンドンで歩むことを望んでいる。

    この19歳のウインガーは、サンパウロから「未来の選手」として獲得されたが、それこそマルティネリがイトゥアーノから無名選手としてやってきたときの宣伝文句である。

    数か月のうちに、マルティネッリは見事に世界にその存在を知らしめ、アルテタのもとで重要な選手となった。

    アーセナルはわずか300万ポンド(約5億円)で契約したマルキーニョスがノースロンドンで同様の活躍をすることを期待していることだろう。

  • Mika Biereth Arsenal

    ミカ・ビエレス

    2021年にフラムから獲得したデンマーク人ストライカー、ビエレスはノースロンドンで印象的な初シーズンを過ごした。

    ガナーズのU-23チームでは21試合に出場して11ゴールを挙げ、舞台裏で大きな印象を残した。

    この19歳はそのフィニッシュ能力でアルテタを感心させ、今シーズン中のどこかのタイミングでトップチームでの出場機会を与えられても不思議ではない。

  • Salah-Eddine Oulad M'Hand Arsenal

    サラー・オウラド・ムハンド

    2020年にフェイエノールトから加入したサラー・ムハンドは、アーセナルでの最初のシーズンはケガのため悲惨な結果に終わった。

    しかし、2021-22シーズンは完全復帰後、印象的なパフォーマンスを見せ、高い評価を受ける理由を示した。U-23での活躍がアルテタの目に留まり、カラバオ・カップのAFCウィンブルドン戦でトップチームに招集されたのである。

    さらに、アーセナルの元スター選手であるジャック・ウィルシャーも、ムハンドに注目した。

    アーセナルで最も優秀な若手選手の名前を聞かれたウィルシャーは、「サラーという選手がいるが、彼は本当に優秀だ」と答えている。

  • Khayon Edwards Arsenal

    カヨン・エドワーズ

    この夏、アーセナルはエドワーズを失う可能性があった。チェルシーなども興味を示していたが、ガナーズは彼に新しい契約を結ぶよう説得することができた。

    エドワーズは今、U-18チームで見せた印象的なプレーを、U-23チームでも発揮しようと考えているようだ。

    ビアレスと競い合うことになるため、時間をかける必要があるかもしれないが、この10代のフォワードに関して言えば、アーセナルは間違いなく大きな才能を手にしている。