japan(C)Getty Images/GOAL

【2023-24シーズン評価まとめ】欧州主要リーグ日本人選手の今季を4段階で評価

欧州主要リーグの2023-24シーズンが終了。今季はリヴァプールのMF遠藤航とアーセナルのDF冨安健洋がレギュラーとしてプレミアリーグ優勝争いを経験したほか、ソシエダのMF久保建英がラ・リーガの年間最優秀選手候補に。また、モナコのFW南野拓実が仏大手紙の年間ベストイレブンに選出されたほか、シュトゥットガルトのDF伊藤洋輝がレギュラーとしてブンデスリーガ2位フィニッシュに貢献するなど、多くの選手がさらなる飛躍と成長をアピールした。

『GOAL』では欧州主要リーグで定期的な出場機会を得た日本人選手たちの今季パフォーマンスを振り返り、C~Sの4段階で評価した。