ニュース ライブスコア
プレミアリーグ

アーセナルDF冨安健洋、ウェスト・ハム戦の現地メディア評価は?「本当に安定したパフォーマンス」

7:50 JST 2021/12/16
takehiro-tomiyasu-arsenal
【欧州・海外サッカー ニュース】アーセナルの冨安健洋のウェスト・ハム戦の現地メディアの評価は…。

アーセナルのDF冨安健洋の現地メディア評価は及第点となった。

アーセナルは15日、プレミアリーグ第17節でウェスト・ハムと対戦。前節2ゴールに絡んだ冨安は引き続き右サイドバックで先発した。試合は48分にガブリエウ・マルティネッリのゴールでアーセナルが先制。さらに後半にはウェスト・ハムに退場者が出たことでよりペースはアーセナルへ。82分にはエミール・スミス=ロウの追加点も生まれ、アーセナルが2-0で上位対決を制している。

冨安はフル出場。地元メディア『フットボール・ロンドン』では及第点である「6」の採点となり、寸評ではこのように記された。

「守備は堅実だったが、パスがやや不調だった。今日はあまり前に出ることを要求されなかったが、この日本代表選手は本当に安定したパフォーマンスを見せてくれた」

『スカイスポーツ』ではアーセナルの選手全員が「7」以上の採点で、冨安は「7」という評価に。英『デイリー・メール』では、「6」という採点をつけられた。