S・ラモス、またノーゴールのC・ロナウドを擁護「機嫌悪く家に帰っただろうけど…」

コメント()
Getty

5日のリーガエスパニョーラ第11節、レアル・マドリーは本拠地サンティアゴ・ベルナベウでのラス・パルマス戦に3−0で勝利した。DFセルヒオ・ラモスは試合後、次節に迫ったアトレティコ・マドリーとのダービーを前に、勝利を取り戻せたことに喜びを表している。

レアル・マドリーのキャプテンは、スペイン『モビスタールTV』とのフラッシュインタビューで次のようにコメントした。

広告

「チームは試合開始から勝利を求めてプレーした。ラス・パルマスは最初のゴールが決まるまで後方に引いていたが、失点してから攻撃に出てきた。そのために僕たちはスペースを生かせるようになったんだ。素晴らしい勝利だよ。代表戦を挟むことになるが、ホームで勝利を収めてダービーに弾みをつけられた。これこそが進むべき道だ」

一方、この試合もノーゴールで終え、リーガ得点数が「1」のままのFWクリスティアーノ・ロナウドについては、次のように語っている。

「クリス、それとカリムもこれからゴールを決めてくれるはずだ。クリスはゴールを決めなければ、機嫌悪く家に帰る。でも、たとえゴール数が少なくても、僕たちは心配していない。彼は違いを生み出せる選手で、何よりも重要なのは勝つことなんだよ。ゴールはこれから決まるはずだ」

次の記事:
J王者・川崎Fが欧州強豪クラブと対戦!『Jリーグワールドチャレンジ』が7月に開催決定
次の記事:
日本vsベトナムの主審はウズベキスタン戦担当のモハメド氏…準々決勝からVARも導入
次の記事:
K・P・ボアテング「大きな夢が実現した」バルサ入りに歓喜…23日国王杯で早くもデビューか
次の記事:
PSGの相次ぐ中盤の離脱に…トゥヘルが補強を望む「この状況はとても、とても深刻」
次の記事:
元アルゼンチン代表SBプラセンテが語る“W杯制覇に必要なこと”とは?/独占インタビュー
閉じる