本田圭佑所属のボタフォゴ、Jリーグ初代得点王ラモン・ディアス氏を新監督に招へい

最終更新
Getty Images

ボタフォゴ所属の本田圭佑が、日本とゆかりの深い名手から指導を受けることになった。

ブラジルリーグのボタフォゴは公式メディアで「ようこそラモン!」として、アルゼンチン人指導者ラモン・ディアス氏が新監督に就任することを明らかにした。7日にリオ・デ・ジャネイロに到着すると公表している。

「我々ボタフォゴは4日の夜にアルゼンチン人指導者ラモン・ディアス氏と新指揮官就任について合意に至った。ディアス氏は南米サッカー界においても重要な実績を持っている。アルゼンチンのトップクラブ、パラグアイ代表などで手腕を振るい、近年はサウジアラビアやエジプトでも指導していた」

1959年生まれ、現在61歳のディアス氏は現役時代にリーベル・プレート、ナポリ、フィオレンティーナ、インテルなどでプレー。1993年には横浜マリノス(現横浜F・マリノス)に加わり、Jリーグ初年度に28ゴールをマークしてJリーグ初代得点王に輝いた。アルゼンチン代表としては22キャップ10ゴールをマークし、1982年のワールドカップメンバーに名を連ねている。

指導者としてもリーベルなどで実績を残しているディアス氏は、ブラジルの古豪で手腕を振るうことに。なお、ディアス氏にとってブラジルリーグでの指導は初となる。

セリエA|最新ニュース、順位表、試合日程

▶セリエA観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】