PL連覇達成のマン・C、来季CL出場禁止の可能性が浮上…クラブは報道に対して反論

コメント()
Getty/Goal

マンチェスター・シティは、ファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)違反による1年間の欧州サッカー連盟(UEFA)主催大会に出場禁止との報道を受け、身の潔白を主張した。

今シーズン、プレミアリーグ連覇を達成するなど国内3冠に王手をかけたマンチェスター・C。すでに来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を獲得している同クラブだが、FFP抵触により1年間のUEFA主催大会出場禁止を科される可能性があるとアメリカ『ニューヨークタイムズ』が先日に報じた。

2019年初旬には、UEFAがマンチェスター・Cの財政面に関する調査を再開することを発表。同組織からこの調査結果は公表されていないものの、アメリカのメディアが先行して報じたことにより、さまざまな論争が巻き起こっている。

そんな中14日、マンチェスター・Cはこの件に関する声明を発表。これによると同クラブは「クラブ・ファイナンシャル・コントロール機関(CFCB)調査委員会の調査に全面的に協力しており、ニューヨークタイムズの報道に強い懸念を抱いている。マンチェスター・シティの会計報告は完全なものであり、法に則ったものだ。不正会計に関する告発は完全な偽りであり、CFCBに事実証明を提出してある」と反論した。

なお、2014年にFFP違反が発覚したマンチェスター・Cは、高額な罰金並びに2014-15シーズンCLの登録人数を制限される処分を科されていた。

一方、UEFAは『ニューヨークタイムズ』の報道に対して「コメントはない」としている。

▶プレミアリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の提供記事です

Goal-live-scores

閉じる