nagatomo-minamino(C)Getty Images

南野拓実、日本代表復帰の長友佑都に「相変わらずやなって。頼りになる先輩が帰ってきた」

日本代表のMF南野拓実が北朝鮮戦や復帰した長友佑都について語った。

日本代表はワールドカップアジア2次予選で21日に北朝鮮と対戦。南野拓実は「個人的にもアンダー世代で負けて悔しい思いをしている。日本代表にとってもアジアカップで負けた後最初の試合で、しかもホーム。どういうリアクションかを見せないといけない」と意気込みを語った。

北朝鮮とはホームとアウェーで連戦を戦うことになるが、南野は「こういう試合は初戦が大事。ホームですし、何が何でも勝つのが一番大事。アウェーは不気味、サッカーだけに集中できる環境ではないという情報もある。そういう意味でも2戦トータルに考えても初戦を決勝戦として考えたい」と初戦の重要性を強調した。

以下に続く

また、カタール・ワールドカップ以来の再会となる長友について問われると、南野は笑顔を見せて「相変わらずやなって」と切り出した。

「チームに対していいエネルギーを与えてくれる選手。佑都君の経験は素晴らしいものだし、ピッチに立てば1対1で負けているところはあまり見ていない。頼りになる先輩が帰ってきたなと。練習見てわかる通り、いい声も出していますし、チームとしていい方向に持っていけるように結果で示したい。佑都君はアジアの厳しさもわかっていて、どういう精神状態で挑むかわかっているので、若い選手にいいタイミングで声かけたりできると思うので、それは見えないところですけど、チームに大きな影響を与えてくれると思います」

広告