ニュース 試合速報・結果
FIFA ワールドカップ

計18枚のイエローカードにメッシ「レベルに達していない審判をこの試合に出すわけにはいかない」

8:15 JST 2022/12/10
lionel messi antonio mateu lahoz argentina paises bajos 2022
【欧州・海外サッカー ニュース】アルゼンチン代表のリオネル・メッシがレフェリーに不満を示した。

アルゼンチン代表をカタール・ワールドカップベスト4に導いたリオネル・メッシが喜びを語った。『ESPN』が伝えている。

アルゼンチンは9日、カタールW杯準々決勝でオランダと激突。メッシの1ゴール1アシストの活躍で2点をリードするが、終了間際に追いつかれて延長戦へ。PK戦にまでもつれ込むが、4-3と競り勝って準決勝進出を決めた。

メッシは「同じ強度でプレーすれば勝てるということを、試合ごとに証明してきた」とチームのパフォーマンスを誇った。

「僕らは常に試合の重要な瞬間を理解している。プレーできるときはプレーし、そうでないときは全員が走る。皆、とても興奮しているし、この喜びを人々に伝えたい。

終盤、試合は計18枚のイエローカードが乱れ飛ぶ荒れ模様に。メッシはマテウ・ラオス主審について「審判のことは話したくない」としつつ、ラ・リーガを主戦場とするスペイン人レフェリーに「試合前からどうなるかは分かっていたから、僕らは怖かった。レベルに達していないのに、あのような審判をこの試合に出すわけにはいかない」と糾弾した。

また、準決勝で対戦するクロアチアについて「長い間同じ監督と仕事をしてきたチームであり、それが彼らがここにいる理由だ。準決勝は難しい戦いになるだろう。とてもタフな相手だ」と警戒を強めた。

▶【dポイントが貯まる・使える】ドコモスポーツくじでWINNER予想!今なら1口200円のクーポンをプレゼント