ニュース ライブスコア
天皇杯

ユンカー&関根弾の浦和レッズが敵地でガンバ大阪を撃破! 天皇杯準決勝でセレッソ大阪と対戦

20:27 JST 2021/10/27
20211027_Sekine
【天皇杯 結果】天皇杯JFA第101回全日本サッカー選手権大会は10月27日に準々決勝が開催。パナソニックスタジアム吹田ではガンバ大阪と浦和レッズが対戦した。

天皇杯JFA第101回全日本サッカー選手権大会では、準々決勝のガンバ大阪vs浦和レッズが27日に行われた。

国内屈指の熱いサポーターを誇るG大阪と浦和が、明治安田生命J1リーグ(1-1ドロー)での対戦から11日ぶりに激突。かつて“ナショナルダービー”とも称されたパナソニックスタジアム吹田での一戦に向けて、G大阪は宇佐美貴史やパトリック、井手口陽介ら、浦和は江坂任やキャスパー・ユンカー、汰木康也らを先発で送り出した。

開始からボールを繋いで崩しを図る浦和は5分に右サイド浅い位置でFKを獲得。キッカーの江坂がボックス内に蹴り込むと飛び上がった酒井宏樹がヘディングシュートを放ったがGK東口順昭に処理された。

立ち上がりこそ耐える展開となったG大阪だったが8分にボックス手前中央でボールを持った宇佐美が素早く右足を振り抜く。しかし、これはゴール中央でGK西川周作にキャッチされた。

互いに積極的な姿勢を見せている試合は10分に動く。GK東口のゴールキックを跳ね返したところ、中盤からの浮き球のパスに抜け出したK・ユンカーがボックス左まで侵攻して左足を一振り。鋭いシュートでゴール右隅を射抜いて浦和が先制する。

その後、G大阪が攻勢を強めていくが浦和も守りには入らず。互いにピッチを行き来するタフな展開となる。33分にはボックス手前左の山中亮輔が左足のシュートを繰り出したが枠を外れていく。

42分、試合の行方を大きく左右する次の1点も浦和が奪う。ボックス手前左の山中が高い精度のクロスを供給。中央の江坂が頭で落とすと飛び込んだ関根貴大が左足で合わせてネットを揺らした。

後半に入るとG大阪がパスを丁寧に繋ぎつつ打開を図る。52分は浦和陣内中央やや距離のある位置からパトリックが右足の強烈なシュートを浴びせたが枠を外れていく。

さらに57分、味方のシュートのこぼれ球に反応したパトリックがボックス中央からシュートを浴びせたがGK西川が左足でセーブ。守護神の活躍により浦和が2点のリードを保った。浦和は直後にK・ユンカーに代えて小泉佳穂を投入する。

対するG大阪は68分に3枚替えを敢行してウェリントン・シウバ、小野瀬康介、黒川圭介に代えてチアゴ・アウベス、倉田秋、藤春廣輝を投入。サイドを中心にフレッシュな選手を送り出して巻き返しを図った。

飲水タイムを終えてアタッキングサードに入り込まれる回数を減らしている浦和も76分にさらに選手を入れ替え。関根と汰木に代えて大久保智明と田中達也を起用した。

終盤にかけても一進一退の攻防が続いたものの最後までG大阪がネットを揺らすことはなく試合が終了。この結果、浦和が大会を制した2018年以来となるベスト4入りを果たした。

なお、12月12日に行われる準決勝で、浦和は名古屋グランパスを下したセレッソ大阪と対戦する。

■試合結果
ガンバ大阪 0-2 浦和レッズ

■得点者
G大阪:なし
浦和:キャスパー・ユンカー(10分)、関根貴大(42分)