インテル退団に揺れたエリクセン「状況にイラついたけど、逃げ出したくなかった」

最終更新
Getty Images

インテルのクリスティアン・エリクセンは、退団を希望したことは一度もなかったと主張した。

2020年1月にトッテナムからインテルに加入したエリクセン。大きな期待とともにセリエA挑戦を決めた同選手だが、プレミアリーグ時代の輝きは影を潜め、アントニオ・コンテ監督の信頼を勝ち取れず、今冬の移籍市場でわずか1年で退団するのではないかと考えられていた。

そんな去就に揺れたデンマーク代表司令塔は同国『TV2 Sport』で「僕のキャリアで最も難しく、最も厳しいシーズンだった。アップダウンが続いているような感じだったけど、今僕はしっかりと復調できたという気分だ」と話し、インテル退団を検討したことは一度もないことを強調した。

「逃げ出したかったからではなく、定位置確保のために戦いたかったし、いつもそのようにやって来た。チャンスが来れば、つかみ取るためにチャンレンジしようと考えていた。精神的にきつかった。フットボールをするためにインテルに来たけど、そのチャンスがなかったことにはイラついていた。ピッチの外では最高だった。ミランは美しい街で、家族も大丈夫だ。何かが欠けていたのはピッチの上だけだった」

「イタリア語で多くのことを理解できているし、言語を理解することはコーチが僕に求めていることを理解することへの助けになる。正直、イタリア語はあまり練習しなかったんだ。シーズンがコロナウイルスで中断されたから、複数のことを熱心にやらなければいけなかった」

セリエA|最新ニュース、順位表、試合日程

▶セリエA観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】