『FIFA18』サウンドトラック…今作にはalt-Jやウィーザーらが登場

コメント()
EA Sports
『Goal』では世界最高のサッカーゲームの最新タイトルの中で使用される最新の音楽を紹介していこう。

EAスポーツの『FIFA』シリーズの中で、特徴的なポイントの一つには各バージョン内で使われている音楽があり、これまで使われたサウンドトラックの数々は『FIFA』シリーズのファンたちに、各バージョンの思い出を蘇らせるものである。

ブラーの1997年のヒット曲“Song 2”は多くの人々にとって永遠にFIFA: Road to World Cup 98 のイメージが残るであろうし、1998年にリリースされたファットボーイスリムの代表的な”ロッカフェラー・スカンク“は間違いなく『FIFA99』の記憶を蘇らせるものだろう。

最近では、『FIFA13』で使われたイマジン・ドラゴンズのキャッチーなナンバー“トップ・オブ・ザ・ワールド”や『FIFA15』でのアヴィチーの“ザ・ナイツ”もそれにあたるだろう。

9月29日のリリースに先駆け、EAスポーツは今作で使われているサウンドトラックの詳細も明らかにしている。

『Goal』では、世界最高のフットボールシミュレーションゲームで使用されている滑らかなサウンドトラックを紹介していこう。


FIFA 18 サウンドトラック


FIFA 18 Pack Shot

前作同様に。『FIFA18』の新しいサウンドトラックは、世界中のいたるところから様々なアーティストの楽曲を集めて構成された。

「非常にインターナショナルなサウンドトラックをお届けすることができた」

新タイトルで使われている音楽の詳細を明らかにした際に、EAスポーツはそのように述べている。

そして本当にその通り、非常にインターナショナルなラインナップとなった。9月末にゲームがリリースされた際には、モニターを通して、ゲーマー達の耳に、4つの異なる大陸の様々なバンドやミュージシャンの奏でる多様なジャンルの音楽をお届けすることになるだろう。

ザ・ナショナル、alt-Jやソトームズィのようなよく知られたアーティストたちだけでなく、シアトル出身のオデッサ、オーストラリアの歌手・タシュ・スルタナのようなインディペンデントなアーティストの楽曲も『FIFA18』では使用されている。

オフィシャル・サウンドトラックは以下でチェックしよう。

Artist Song Country
alt-J Dead crush イギリス
アヴェリーノ Energy feat. Skepta & Stormzy イギリス
バッド・サウンズ Wages イギリス
バロージ L'Hiver Indien ベルギー
ボーンズ Faded Heart アメリカ
カット・コピー Standing In The Middle Of The Field オーストラリア
ジャンゴ・ジャンゴ Tic Tac Toe イギリス
アイデー King Ruby イギリス
キンブラ Top Of The World ニュージーランド
コヴィック Drown イギリス
ロルデ Supercut ニュージーランド
モンド・コスモ Automatic アメリカ
ムラ・マサ helpline feat. Tom Tripp イギリス領ガーンジー島
オデッサ La Ciudad アメリカ
オフ・ブルーム オフ・ブルーム デンマーク
オリヴァー Heart Attack feat. De La Soul カナダ/アメリカ
アウトサイダー Míol Mór Mara アイルランド
パフューム・ジーニャス Slip Away アメリカ
ファントムズ Throw It In The Fire アメリカ
ポルトガル. ザ・マン Live in the Moment アメリカ
RAC Beautiful Game feat. St Lucia ポルトガル/アメリカ
レジデンテ Dagombas en Tamale プエルトリコ
レックス・オレンジ・カウンティ Never Enough イギリス
ラン・ザ・ジュエルズ Mean Demeanour アメリカ
サー・スライ &Run アメリカ
スローダイブ Star Roving イギリス
スネークボ feat. ギッグス Active イギリス
ソフィ・タッカー Best Friend feat. NERVO, The Knocks & Alisa UENO アメリカ
スーパーオーガニズム Something for your M.I.N.D. イギリス
タッシュ・スルタナ Jungle オーストラリア
テメ・タン Ça Va Pas La Tête? ベルギー
アマゾンズ Stay With Me イギリス
ナショナル The System Only Dreams In Total Darkness アメリカ

ワー・オン・ドラッグ

Holding On アメリカ
ダブルエックス Dangerous イギリス
トム・グレナン Found What I've Been Looking For イギリス
トゥースレス Sisyphus イギリス
ヴェッセルス Deflect The Light feat. The Flaming Lips イギリス
ウォッシュド・アウト Get Lost アメリカ

EAスポーツはさらに、ジャーニーモードの中では、映画“マッドマックス:怒りのデスロード”の劇中音楽を提供したオランダの作曲家・ジャンキーXLとハンス・ズィマーのコラボによるオリジナルの楽曲を使用していることも発表した。

さらに、ジャーニーモードでは、アメリカのロックバンド・ウィーザー、ブラジル人アーティスト・レオ・ジュスティとカロル・コンカ、そしてコロンビアのバンド・ボンバ・エステレオとシステマ・ソラーの曲も使用している。

FIFA18のサウンドトラックはダウンロードできる?

『FIFA18』のサウンドトラックはスポッティファイ、あるいは Appleミュージックでストリーミングでき、EAスポーツでは、シーズン中にスペシャルなアップデートとサプライズを提供してくれるようだ。

間も無く、FIFA18サウンドトラックの中から下記の曲は試聴可能となる。


ワー・オン・ドラッグス - HOLDING ON


フィラデルフィアのロックバンド、ワー・オン・ドラッグスは、彼らの最新アルバムからシングル曲を『FIFA18』のサウンドトラックに提供した。

アップビートな“Holding on”は2017年8月にリリースされたかレラの4枚目のスタジオアルバム『A Deeper Understanding』の3曲目に収録されている。


ALT-J - DEADCRUSH


イギリスのインディーロックバンド、alt-Jは近年かなり洗練されてきており、彼らが2017年に発表したアルバム『Relaxer』から“Deadcrush”が『FIFA18』に使用されることとなった。

スローなテンポの曲には、彼らがもし生きていれば会ってみたかった歴史的人物が歌詞の中には含まれている。


ナショナル - THE SYSTEM ONLY DREAMS IN TOTAL DARKNESS


'The System Only Dreams In Total Darkness'はナショナルの新アルバム『Sleep Well Beast』のリード・シングル曲だ。

『FIFA18』をプレーする人たちは、シンシナティ出身の彼らにとって初のアメリカ・チャートでナンバーワンを獲得した曲をゲーム内で味わうことができることになる。


カット・コピー - STANDING IN THE MIDDLE OF THE FIELD


オーストラリアのエレクトロバンド、カット・コピーの新しいシングル”Standing in the Middle of the Field“が『FIFA18』の中では使用されている。

そのリズミカルな曲には、気持ちを盛り上げるよな歌詞が散りばめられており、2017年にリリースされたアルバム『Haiku from Zero』に収録されている。


RAC - THE BEAUTIFUL GAME FT ST. LUCIA


『FIFA18』で使用されているポルトガルのグラミー賞受賞アーティストであるDJ RACの2017年のナンバー、”Beautiful Game“はボーカルに南アフリカのシンガー、セント・ルチアを招いて作られた楽曲だ。

その曲は彼らのアルバム『Ego』の7曲目に収録されている。


フット アーティスト キッツ


FIFA 18 FUT special kits

前作のFIFAアルティメットチームモードで採用されたサウンドトラックに使用されたアーティストがデザインしたユニホームは、今作でも使用することができる。

昨年はカセービアン、ゼッド、メジャー・レーザーらがデザインしたが、『FIFA18』を予約するともれなくブロック・パーティー、グラス・アニマルズ、キャピタル・シティーズ、ボトルマン、ズー、グループラブ、セント・モーテル、ルメートルがデザインしたユニホームが使用可能となる。

閉じる