ニュース 試合速報・結果
プレミアリーグ

エブラ、人種差別騒動後にL・スアレスを道で見かけて…「彼は家族といた。だから何もせずに背を向けた」

10:43 JST 2021/11/10
Luis Suárez, Patrice Evra 2011

元フランス代表DFパトリス・エブラ氏が、現アトレティコ・マドリーFWルイス・スアレスとのあった知られざるエピソードを明かしている。スペイン『マルカ』が伝えた

二人の間に因縁があるのは周知の通り。2011年10月、当時マンチェスター・ユナイテッドに所属していたエブラ氏は、リヴァプール戦でL・スアレスから人種差別的な発言を浴びせられたと訴えた。その後の調査の結果、L・スアレスは8試合の出場停止処分を科されている。

エブラによれば、その騒動の直後に町でL・スアレスとすれ違ったという。しかし、そこで新たな因縁を生み出すことはできなかったようだ。

「マンチェスターのディーンズゲートを歩いていると、兄弟から『お、ルイス・スアレスがあそこにいるぞ』と言われたんだ。私は兄弟2人といた。彼のことを確認して、こう考えたね。『今だ。やってやるか』と。しかし、彼の後ろには彼の子供たちと妻がいた。だから、私は背を向けたよ。『彼に何かをするとして、家族の前でやっちゃいけない』ってね」

エブラは後年、「何もしない」という決断が正しかったことを噛み締めたという。

「後悔はしていない。何かしていたら、ひどいことになっていただろうから。あの日、僕は何もしなかったんだ」

「人種差別者として生まれてきた人間はいない。誰のことも憎んではいないんだ。L・スアレスのことを人種差別者なんて呼ぶことはできないんだよ。そう呼ぶには、私は彼のことを知らな過ぎる」