デンベレ&グリーズマン、日本人への侮辱発言について釈明及び謝罪「友人間の表現」「心から謝罪したい」

Dembele GriezmannGetty Images

バルセロナに所属するフランス代表FWウスマン・デンベレとFWアントワーヌ・グリーズマンが、日本人に対する侮辱的な発言について釈明及び謝罪をした。

ここ最近インターネット上で、デンベレとそのチームメートであるFWアントワーヌ・グリーズマンが、日本のホテルの一室で話している映像が出回っていた。

その映像では日本人のホテルスタッフたちがテレビの周りで話し合っていたが、グリーズマンがテレビゲームで遊ぶためのセッティングを頼んでいた模様。その光景を奇異に思ったためか、映像を撮影していたと思われるデンベレは、グリーズマンに「この見苦しいツラたちは、ただお前がPES(ウイニングイレブン)をやるためにいる。恥ずかしくないのか?」と話しかけたほか、「どんな言語なんだ、これは?」「君の国はテクノロジー的に進んでいるんじゃないのか?」といったような言葉を口に。グリーズマンは、ただ笑みを浮かべていた。

この映像と発言は、デンベレと関わりが深いフランスやスペインのメディアでも「差別的」と紹介されることになったが、本人たちがついにリアクションを見せた。まずデンベレは『インスタグラム』を通じて、次のようなメッセージを記している。

「ここ最近、インターネットで2019年のプライベートの映像が出回っています。その場所は日本ですが、この世界のどんな場所でも、同じような表現を使っていたでしょう。したがって、私はどのコミュニティのことも指してはいません。私は人の出身地にかかわらず、友人とプライベートで、このような表現をすることがあります」

「映像は公のものとなり、映っている人々を傷つけてしまったかもしれないことは理解しています。そのために、心から謝罪をさせていただきます」

またグリーズマンは『ツイッター』上で、自身が差別に反対する立場を取ってきたことを強調しつつ、日本人に対しては謝罪を述べた。

「私はどんな形の差別とも反対することを誓っています。ここ数日の間、私を私ではない人間にしようとする人たちがいます。私に対する非難を拒絶するとともに、日本の友人たちを傷つけてしまったのならば、謝罪させていただきます」