CL決勝の審判団が決定…主審はPSGvsマン・UやW杯日本vsコロンビア担当のスコミナ氏

コメント()
(C)Getty Images

トッテナム対リヴァプールのチャンピオンズリーグ決勝を裁くレフェリーが決まった。

2007-08シーズン以来11年ぶりにイングランド勢の対戦となった今シーズンのCL決勝。準決勝でアヤックスに勝利して初のファイナル進出を決めたトッテナムと、バルセロナに大逆転勝利を収めて2シーズン連続で決勝に駒を進めたリヴァプールが6月1日にマドリーのエスタディオ・メトロポリターノで欧州制覇を目指して対戦する。

この大一番まで2週間余りに迫った14日、欧州サッカー連盟(UEFA)は、スロベニア人のダミル・スコミナ氏が主審を務めることを発表。なお、同氏がCL決勝の舞台でホイッスルを吹くことはこれが初めて。

スコミナ氏はこれまでに2017年のヨーロッパリーグ決勝や2012年のUEFAスーパーカップを裁く。さらに、昨夏のロシア・ワールドカップでは、日本代表のグループリーグ初戦となったコロンビア代表戦でも主審を務め、開始早々にレッドカードを提示するなどの判定を下していた。

今シーズンのCLでは、昨年12月のリヴァプール対ナポリの一戦や最初のゴールがビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)により取り消された決勝トーナメント1回戦ファーストレグのアヤックスとレアル・マドリーの試合でも主審を担当する。

また、マンチェスター・ユナイテッドがパリ・サンジェルマンを退けた決勝トーナメント1回戦セカンドレグでは、後半アディショナルタイムにVARに従ってハンドの判定を下し、決勝点に繋がったPKをマンチェスター・Uに与えた。これに対してスタジアムから観戦していたネイマールは、SNSでオフィシャル非難の投稿をし、来シーズンのCLで3試合の出場停止を科されている。

なお、主審と副審はスロベニア審判団、第4審判はスペイン人のアントニオ・マテウ・ラオス氏が務める。また、VAR専任のスタッフも併せて発表された。

▶UEFAチャンピオンズリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の提供記事です

Goal-live-scores

閉じる