ニュース ライブスコア
UEFAチャンピオンズリーグ

CLで物議を醸したVARシーンをUEFA公式が解説! PSGのハンドについては…?

19:12 JST 2019/03/09
2019_3_9_psg2

ベスト8に進出する4クラブが6日に決定したUEFAチャンピオンズリーグ(CL)。ラウンド16セカンドレグでは、いくつかの判定が物議を醸したが、この件についてUEFA(欧州サッカー連盟)公式が見解を発表した。

とりわけ話題となったのは、マンチェスター・ユナイテッドが逆転突破したPSGとの一戦。マンチェスター・Uはこの試合のアディショナルタイム、ジエゴ・ダロットがボックス手前から放ったシュートをDFプレスネル・キンペンベに手でブロックされた。VARでのピッチレビューの結果、マンチェスター・UにPKが与えられた。これをマーカス・ラッシュフォードが決めたことにより、3-1で勝利したマンチェスター・Uが劇的な形で8強入りを決めている。

UEFAはこのシーンについて、以下のような見解を伝えた。

「VARが様々な角度から彼(キンペンベ)をチェックした後、レフェリーがオン・フィールド・レビュー(VARの確認)を勧められた。主審はライブでその事象を判断しきることができなかったため、オン・フィールド・レビューが行われた」

「オン・フィールド・レビューで主審は、シュートが放たれた位置から(キンペンベの)距離が短くなかったことと、それにより衝突(ボールが手に当たってしまう)を予測することは不可能なことではなかったと見解した。DFの腕は体から離れていた。体を大きくしたことで、ボールはゴール方向に向かうことを妨げられた。そのため、主審はPK判定を下した」

また、UEFAは、レアル・マドリーvsアヤックスの62分の場面についても見解。アヤックスが3点目を挙げたこの場面、DFノゼア・マズラウィがボールをタッチライン際で奪取したところが起点となった。この際、ボールはタッチラインを割ったかどうか微妙な位置だった。

この件に関して、UEFAは「VARにより慎重にイメージが分析され、全てのビデオアングルからは、ボールが完全にラインを割った決定的な証拠はなかった。完璧なポジションにいた副審はボールが完全にラインを割ったとは判断しなかった。そのため、オン・フィールド・レビューを実施しなかった。主審は介入することなく、ゴールを認めた」と説明した。

そのほか、UEFAはポルトvsローマのVARシーンについても言及。サッカーファンが納得できるように理由を説明していく姿勢を強調している。

▶UEFAチャンピオンズリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)が「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZN(ダゾーン)の解約・再加入(一時停止)の方法とは?
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
白熱のJリーグ!2019シーズンの展望|優勝候補や得点王候補など