ニュース ライブスコア
セリエA

C・ロナウドとユヴェントス新指揮官が会談…来季は“CR9”が誕生か

16:37 JST 2019/06/23
Maurizio Sarri Cristiano Ronaldo Juventus

▶6/25(火)までの加入で2ヶ月間無料トライアル実施中!コパ・アメリカ観るならDAZNで。

ユヴェントスの新指揮官であるマウリツィオ・サッリ監督と、同クラブのエースであるポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが会談を行った。

昨夏にレアル・マドリーからユヴェントスに移籍したC・ロナウドは今シーズン、イタリアの地でも変わらぬ得点力を発揮し、公式戦43試合で28得点13アシストを記録。マッシミリアーノ・アッレグリ前監督の後任としてチェルシーからユヴェントス入りしたサッリ監督は、クラブに大きな影響力を持つC・ロナウドと、来季に向けた構想について話し合ったことが『Goal』のロメオ・アグレスティ記者のレポートによって明らかになっている。

21日に南フランスでC・ロナウドを訪問したサッリ監督。ユヴェントスのスポーツディレクターを務めるファビオ・パラティチ氏も同席した今回の会談で、サッリ監督はC・ロナウドにポジションの変更を打診している。

サッリ監督は新シーズン、ユヴェントスで4-3-3か4-3-1-2のフォーメーションを採用することを見据えており、これまでウイングを主戦場としてきたC・ロナウドをいわゆる“9番”と呼ばれるセンターフォワードとしてプレーさせることを考えている。今シーズンのC・ロナウドは公式戦28得点だったが、新シーズンでは40得点ほど挙げることを期待。ワイドポジションにはドグラス・コスタとフェデリコ・ベルナルデスキを主に起用し、C・ロナウドに良質なボールを供給させる意図をもっている。

C・ロナウドは今回のサッリ監督の提案に対し、明確な答えは出していないとみられる。だが、話し合いをしてくれたサッリ監督については好印象をもっており、新シーズンに向けてさらなる議論を重ねる構えだ。

▶6/25(火)までの加入で2ヶ月間無料トライアル実施中!コパ・アメリカ観るならDAZNで。

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の提供記事です