C・ロナウドがユヴェントス首脳陣にモウリーニョを推薦?レアル・マドリー時代の恩師と再タッグ希望か

Getty Images

ユヴェントスに所属するクリスティアーノ・ロナウドが、同クラブの次期指揮官としてジョゼ・モウリーニョ氏の就任を求めているようだ。スペイン『マルカ』などがイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の報道を引用して伝えている。

2014年に就任して以降、5シーズンで5度のスクデットや4度のコッパ・イタリア制覇などにユヴェントスを導いたマッシミリアーノ・アッレグリ監督だが、今シーズンのチャンピオンズリーグでの成績が振るわず、17日に今夏の退任が発表された。その後任として、ラツィオのシモーネ・インザーギ監督らの名前が挙がるものの、依然として後任人事は決定していない。

そんな中、昨夏にレアル・マドリーからユヴェントスに加入し、デビューシーズンからセリエA年間最優秀選手に輝くなどの活躍をしたロナウドはスペイン時代の恩師であるモウリーニョ氏がユヴェントスで指揮を執ることを望んでいるようだ。サンティアゴ・ベルナベウでの晩期には、双方の関係についてさまざまな憶測が流されていたものの、ユヴェントスFWは同郷の指揮官の就任をクラブ首脳陣に懇願したとされている。

ポルトやインテルでチャンピオンズリーグ制覇を成し遂げるなど長年にわたりその手腕を評価されてきたモウリーニョ氏。しかし、2016年から就任したマンチェスター・ユナイテッドでは3シーズン目となった今シーズン、成績不振に加え、選手との対立も表面化するなど状況を好転できないまま昨年12月に解任された。以降は無所属の状態が続いている。

今シーズンのCLでマンチェスター・Uの指揮官としてアリアンツ・スタジアムで逆転勝利を収めた際には、ユヴェントスサポーターを煽るような行動を取り、大きな反感を買ったモウリーニョ氏。2010年以来9年ぶりにイタリアで指揮官としてのキャリアを再開させるのだろうか。

▶セリエA観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の提供記事です

Goal-live-scores

閉じる