このページにはアフィリエイト リンクが含まれています。提供されたリンクを通じて購入すると、手数料が発生する場合があります。
20240526_Kewell(C)Getty images

PKで失点、GK退場…横浜FM・キューウェル監督、ACL決勝の判定に怒り「レフェリーによってかなり崩された」

DMMプレミアムとDAZNがセットでお得

DMM×DAZNホーダイ

横浜F・マリノス出場!
ACL決勝はDAZNが独占ライブ配信

DMM×DAZNホーダイならDMMポイントが最大1,650ポイントもらえる

月額

3,480円(税込)

今すぐお得に始める

横浜F・マリノスを率いるハリー・キューウェル監督が、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝後のフラッシュインタビューに応じた。

横浜FMは今シーズンのACL決勝でエルナン・クレスポ監督率いるアル・アインと対戦し、ホームで行われた11日のファーストレグでは2-1で勝利。しかし、アウェイに乗り込んで戦った25日のセカンドレグでは1-5で大敗を喫し、2戦合計3-6でクラブ史上初のアジア制覇を逃すこととなった。

試合後、キューウェル監督は語気を強めながらレフェリーへの不満を示した。

以下に続く

「まずはアル・アインに優勝おめでとうと言いたいです。それよりも選手たちが90分を通して本当によく戦ってくれました。ただ、レフェリーによってかなり崩されたのは事実です」

この試合で8分に流れの中からアル・アインの先制を許した横浜FM。33分にはボックス内に飛び込んだソフィアン・ラヒミが畠中槙之輔と交錯して転倒し、一度は流されたもののVARオンフィールドレビューの末にPKとなり、2戦合計スコアで逆転されることに。横浜FMはそこから1点を返したものの、前半ATにGKポープ・ウィリアムがボックス外でラヒミを倒して決定的な得点機会を阻んだとして一発退場となっていた。

数的不利となった横浜FMは後半から防戦が続きながらも2戦合計タイを保っていたが、67分にまたしてもラヒミに決められると、背水の陣を敷いた後半ATに立て続けの失点を喫す展開となった。キューウェル監督は失意の結果に肩を落としながらも、サポーターへの感謝を伝えている。

「本当に遠くまで多くのサポーターが来てくださって、本当に嬉しかったです。そして、この残念な結果を見せたくはなかったです。それがすべてだと思ってますけど、自分たちのサポーターは本当にいつも最高の後押しをしてくれていました」

広告