ニュース 試合速報・結果
明治安田生命J1リーグ

横浜F・マリノス、浦和レッズに4発快勝で優位維持! 優勝争いの行方は最終節へ

16:57 JST 2022/10/29
20221029_Marinos
【Jリーグ(J1)最新情報】明治安田生命J1リーグは10月29日に第33節が各地で一斉開催。優勝争いでは川崎フロンターレvsヴィッセル神戸、横浜F・マリノスvs浦和に注目が集まった。

明治安田生命J1リーグは29日、第33節の横浜F・マリノスvs浦和レッズが行われた。

首位を維持しているものの直近では連敗を喫している横浜FM。2位・川崎フロンターレに勝ち点差2まで迫られているが、横浜FMが勝利して川崎Fが引き分け以下なら優勝を決められる状況で今節を迎えた。

横浜FMはエウベルや水沼宏太、西村拓真らを先発起用。対する浦和はキャスパー・ユンカーや江坂任、岩尾憲らをスタートから送り出している。

試合は開始から横浜FMが押し込んでいくものの浦和が要所で鋭い攻撃を見せていく。それでも17分にカウンターからボックス右の水沼が左足でクロスを供給。アレクサンダー・ショルツにブロックされてタイミングがずれたことでボックス左のエウベルに渡り、右足でネットを揺らした。

さらに37分には横浜FMが右CKを獲得。キックが流れたところで左サイドからドリブルでボックス内に侵攻したエウベルのシュートはGK西川周作に弾かれる。それでも、こぼれ球をアンデルソン・ロペスが押し込んでリードを広げた。

2点をリードして後半に突入した横浜FMはさらに点を重ねていく。57分、渡辺皓太が高い位置でボールを奪った流れからボールを持ったエウベルがドリブルでボックス中央に侵攻し、自身のこの日2点目を決め切った。

65分、横浜FMの右CKからキッカーの水沼が速く低いボールを蹴り込む。ニアに飛び込んだエドゥアルドが頭で逸らすと中央のA・ロペスがヘディングシュートでチームの4点目をマークする。

それでも67分に浦和が反撃。右サイドの大久保智明のスルーパスに反応したユンカーがボックス右に走り込む。左足でタイミングをずらすようにしてシュートを浴びせ、1点を返した。

しかし、それ以上に浦和が点差を縮めることはなく試合が終了。横浜FMが3試合ぶりの白星で勝ち点を「65」に伸ばした。

一方、他会場では川崎Fがヴィッセル神戸に2-1で勝利して勝ち点は「63」。勝ち点差は「2」のままで変わらず、優勝の行方は最終節までもつれ込むこととなった。

■試合結果
横浜F・マリノス 4-1 浦和レッズ

■得点者
横浜FM:エウベル(17分、57分)、アンデルソン・ロペス(37分、65分)
浦和:キャスパー・ユンカー(67分)

▶【dポイントが貯まる・使える】ドコモスポーツくじでWINNER予想!今なら1口200円のクーポンをプレゼント