20230225_Marinos2(C)Masahiro Ura

昨季王者・横浜F・マリノス、A・ロペス&Y・マテウス弾で開幕連勝! 浦和レッズは後半盛り返しも及ばず連敗

明治安田生命J1リーグでは25日、第2節の横浜F・マリノスvs浦和レッズが行われた。

開幕節で川崎フロンターレに競り勝った横浜FMが、FC東京に敗れていた浦和をホームに迎えた一戦。両チームは開幕戦と同様のスタメンを採用し、横浜FMは水沼宏太や西村拓真、喜田拓也ら、浦和はブライアン・リンセンやダヴィド・モーベルグ、岩尾憲らを起用した。

試合は立ち上がりから横浜FMが主導権を握って進行。浦和は前線からプレスをかけるタイミングを計るがなかなかハマらず攻勢に転じることができない。

以下に続く

すると18分、横浜FMが浦和陣内中央でボールを動かしたところから左サイドに展開。永戸勝也からの山なりのボールがボックス右に届くと西村がダイレクトで中央に上げる。左右に揺さぶった末、最後は至近距離で飛び上がったアンデルソン・ロペスが頭で合わせて先制点を奪取した。

ここから反撃に出ていく浦和だったがなかなか決定機までは至らず。すると前半終盤にはボックス右でボールを持った水沼のクロスが酒井宏樹に当たってゴールに吸い込まれたが、オフサイドポジションにいたA・ロペスが干渉したとして横浜FMの追加点とはならなかった。

前半に劣勢を強いられた浦和は後半スタート時にB・リンセンに代えて興梠慎三を投入。積極的に前線にボールを当てながら反撃を繰り出していく。52分にはD・モーベルグがボックス内に抜け出す場面も作ったがGKオビ・パウエル・オビンナの対処に遭う。

浦和が後半に盛り返しながらも横浜FMがリードを保つ後半半ばに両チームは選手交代。横浜FMが松原健とエウベル、水沼に代えて上島拓巳とヤン・マテウス、井上健太、浦和がF・モーベルグに代えて関根貴大を送り出した。

その後も交代策を駆使しながら次の1点を目指す両チーム。試合終了間際には途中出場のマルコス・ジュニオールがボックス手前右でフリックし、中央の西村が横パスを選択する。フリーとなったY・マテウスが確実に沈めて横浜FMがリードを広げた。

試合はそのまま終了。昨年王者の横浜FMが連勝を飾った一方、マチェイ・スコルジャ監督体制初シーズンの浦和はいきなり連敗を喫している。

■試合結果
横浜F・マリノス 2-0 浦和レッズ

■得点者
横浜FM:アンデルソン・ロペス(18分)、ヤン・マテウス(89分)
浦和:なし

▶ドコモスポーツくじ新規利用登録&購入で最大1,000円分のdポイントをプレゼント!

広告