鎌田大地、ついにブンデスの頂点に。フィールドプレーヤーに限らず全選手の平均評価ランキングでトップに

Daichi Kamada Frankfurt 20221004(C)Getty Images

フランクフルトMF鎌田大地はドイツ誌『キッカー』のフィールドプレーヤー平均評価ランキングで今週も首位のまま。2位との差をさらに広げるどころか、GKを含むランキングでもトップタイに浮上した。

29日に行われたブンデスリーガ第12節でボルシア・ドルトムントをホームに迎えたフランクフルト。20分にユリアン・ブラントに先制ゴールを奪われると、26分に鎌田の今季リーグ戦7点目により追いつく。後半52分にジュード・ベリンガムが決勝弾を挙げ、フランクフルトはこの試合を1-2で落としている。

マン・オブ・ザ・マッチこそにはドルトムントGKグレゴル・コーベル(「1」)を選んだ『キッカー』はそれでもフランクフルトのパフォーマンスを高く評価。鎌田のプレーにはマリオ・ゲッツェ(「1.5」)に次ぐチーム単独2位の「2」を与え、そのゴールをアシストしたFWランダル・コロ・ムアニも「2.5」と高い評価を得ている。

以下に続く

さらにゲッツェと同じく今季3回目となる同誌のベスト・イレブン入りを果たした鎌田だが、この採点により、「2.44」と引き続きフィールドプレーヤー平均評価ランキングの単独トップの座をキープ。2位につける同僚のコロ・ムアニ(「2.59」)、3位のバイエルン・ミュンヘンMFトーマス・ミュラー(「2.64」)との差をさらに広げる勢いを見せている。

なおこれにより、鎌田はGK評価ランキングのトップを走るアウクスブルクGKラファル・ギキエヴィッツに追いつくことに。リーグ戦半数以上で30分以上出場したブンデスリーガ全選手を評価対象とする同誌でトップタイに並んだ。

(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)

▶フランクフルト11月ついに来日!長谷部誠凱旋!11/16(水)vs浦和レッズ、11/19(土)vsガンバ大阪