16歳に34億円…モナコがセリエA史上最年少デビューのFWペッレグリ獲得を発表

コメント()
モナコは、ジェノアから16歳FWピエトロ・ペッレグリ獲得を発表。報道によると、移籍金は2500万ユーロ(約34億円)であるという。

モナコは、ジェノアから16歳FWピエトロ・ペッレグリを獲得した。クラブ公式Twitter上で発表している。

昨シーズン、史上最年少となる15歳の若さでセリエAデビューを果たしたペッレグリ。昨年には同リーグ最年少で1試合2ゴール(16歳112日)を記録するなど、イタリア屈指の期待の新星として、評価を高めていた。

複数メディアによると、今季公式戦7試合でプレーしていた16歳のペッレグリ獲得へ、モナコは異例の2500万ユーロ(約34億円)を支払ったという。クラブはSNS上で喜びのコメントを発表している。

「我々は、ピエトロ・ペッレグリ加入のご報告ができることを大変嬉しく思います」

若き天才も、新たな国での挑戦への意気込みを語っている。

「モナコに加入できて本当に光栄だ。僕のような若い選手を、更に成長させてくれるクラブのプロジェクトに惹かれた。懸命にプレーし、このクラブにとって重要な選手になりたいね」

ユヴェントスも関心を示していたという16歳FWを、クラブに迎えることとなったモナコ。ヴァディム・バシリエフ副会長は、今回の移籍は戦力補強以外にも大きな意味があると語った。

「我々は、ピエトロが加入を決断してくれてとても幸せな気分だ。これは、ここ数年の我々の努力が実り、ヨーロッパのサッカー選手にとって魅力的なクラブになれたことの証だ」

▶リーグ・アンを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
佐々木翔、元同僚・塩谷のスーパーゴールに「久々にあの人の大砲を見た」
次の記事:
青山敏弘「意地でも90分間やりたかった」…その理由は槙野智章のひと言?
次の記事:
3試合で22人がプレーした森保ジャパン。ウズベク戦サブ組起用の意義
次の記事:
指揮官カランカ解任のノッティンガム・フォレスト、後任監督にオニールを招へい
次の記事:
GKカシージャ、レアルで出番がなく自由移籍でリーズへ移籍…契約は2023年までの4年半
閉じる