10億ポンドを費やしたトッテナムの新スタジアムがついにお披露目…ポチェッティーノ「ようやく夢が叶った」

コメント()
Getty

トッテナムの本拠地、トッテナム・ホットスパー・スタジアムが完成し、ついにオープンの日を迎えた。

2017年5月を最後に118年の歴史に幕を下ろしたホワイト・ハート・レーン。その後、旧スタジアムの跡地に総工費10億ポンド(約1450億円)以上を掛けた大規模な新スタジアムの建設工事が施工される。当初の予定であった昨夏のオープンには間に合わなかったものの、24日に行われたU18チームの試合でようやくお披露目となった。

この試合は4月3日のプレミアリーグ第27節延期分のトッテナム対クリスタル・パレスの一戦での正式オープンに先駆けて開催された。62000を超える収容人数を誇る新スタジアムには、ユースの試合ながら25000人以上のサポーターが詰めかけたようだ。

ホワイト・ハート・レーンのラストゲームから679日が経過してようやく迎えたオープニングデイでユースチームの試合を見守ったマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、本拠地のリニューアルが無事に終わったことへの喜びをあらわにした。

「我々みんながとても興奮している。ホワイト・ハート・レーン最後の日、我々は涙を流したが、新スタジアムの最初の日も同じような感情を抱いている。みんなが涙を流す必要がある。ついに我々の夢が叶ったんだ」

新本拠地トッテナム・ホットスパー・スタジアムを手にしたトッテナムは、4月3日のクリスタル・パレス戦の他にも、チャンピオンズリーグ準々決勝のマンチェスター・シティ戦などを同スタジアムで戦う予定だ。

▶プレミアリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)が「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZN(ダゾーン)の解約・再加入(一時停止)の方法とは?
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
白熱のJリーグ!2019シーズンの展望|優勝候補や得点王候補など

Goal-live-scores

閉じる